「牛一頭さばけます」と言ったMさんの話

Pocket

私が会社員の頃、Mさんという先輩がいました。
Mさんは今でも私の「上司」としてのロールモデルで、
本当に人の心をつかむのが上手な人でした。

(Mさんについてはこちらを参照)
http://www.180-0004.com/?p=4020

で、今回は「人心掌握」的な話ではなく、
Mさんが就職活動の面接で使っていた自己PRについて。

この話が、コーチングの視点で言って、とても参考になるんです。

Mさんと食事しながら話していたときのこと。
就職活動のときの、面接の話になりました。

その面接の場で、Mさんは
「私は牛一頭さばけます」
と言っていたというんです。

Mさんは畜産関係でもないし、大学は経済学部です。
もちろん、実家で牛を飼っていたりもしません。
サッカーをやっていましたが、体格は細身で、腕力もあまりありません。

だけど、「牛一頭さばけます」と言って、内定を勝ち取っていました。
もちろん、ウソをついたわけでもありません。

さて、Mさんの「牛一頭さばけます」っていうのは、
どういうことだったのでしょうか?

私は、コーチングのセミナーで外部講師をするときに
この話をよくします。

Mさんの「牛一頭さばけます」は、コーチングの視点から
とても示唆に富んだ話なんです。

Mさんは、どうやって「牛一頭をさばいて」いたんでしょうか?

これは、すぐに答えを言うと面白くないので、
解説は明日のメルマガでお送りします。

明日の配信まで、頭の体操として、答えを考えてみてください。

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

Mさんは、どうやって「牛一頭をさばいて」いたんでしょう?


社員が自ら働き出す「アメとムチ」の使い方

ボーナスも懲罰も使わず、コーチングスキルだけで
社員を自分から行動できるようにするには・・・?

商工会議所セミナーでも大好評のレポートを
無料で差し上げています!

無料でダウンロード!

世界No.1コーチのセミナー受講レポートを差し上げます

世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズのトレーニングを受講して、
その内容をまとめたレポートを無料でプレゼントしています。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料でダウンロード!

Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ