コーチング 能力開発・自己革新

学んだことを実行するために必要なものとは

Pocket

私のまわりには、勉強家の方が多く、
あちこちの本や教材、セミナーなどで学びまくっています。
私なんかよりいろんなことに詳しくて、
コーチングしながら教わってしまうことも多いです。

ですが、そういう人でも、現状を見てみると
「学んでも学んでも、悩みが解消しない」
なんてことが多かったりするんです。
[br num="1"]

なぜそうなるのかというと、とても簡単で、
【学んだことを、実際にやっていないから】
なんですよね。
[br num="1"]

今日は、学んだことを実行できるようになるために、
どうすればいいのかというお話をしましょう。
[br num="1"]

昨日メルマガでご紹介したYさん。
メルマガを読んで、メールをくれました。
許可を頂いたので、引用してご紹介しますね。

(引用ここから)

 昨日はコーチング中に「嫌な汗をかいた」時に、
 懇親会でのシーンを俯瞰しながら追体験したことと、

 中城コーチのリードがリアルで
 イメージに鮮明に焼き付いたことで、
 恥ずかしい感情と、あちゃーな感情を
 たっぷり味わいました(笑)

 以前からコーチングの中のアドバイスで、、
 売り込み過ぎないよう、「さりげなく自然に」が
 何度もキーワードとして出ていましたが、

 アドバイスと経験と感情の結びつきが
 私の中でまだ1つの流れになっていなかった事にも
 気付く質の高いコーチングとなりました。

 自分で経験したからこそ、
 感情を伴う価値ある学びとなり、
 今後は忘れようにも忘れられそうにありません(笑)

  行動
  ↓
  コーチング・フィードバック
  ↓
  気付き・改善
  ↓
  修正を加え再度行動

 この流れでコーチングを受けることが
 改めて大切だと思いました。

 自然でエレガントな振る舞いをテーマに
 今月は行動してきます。
 ありがとうございました。

(ここまで)

このYさんのメールから、「学んだことを実行する」ために
とても重要なポイントが読み取れます。
[br num="1"]

実はYさん、今までのコーチングの中でも
「さりげなく自然に」という話が何度も出ていたとあります。
たしかに、何度もそのようなフィードバックをしていたと思います。

ですが、それを腹に落ちて実感していなかったために、
「知っている」けど「できていない」状態だったわけです。
(セミナーおたくの人は、この「知ってるけどできてない」人が多いです)

だから、学んでも学んでも結果につながらなかった。
[br num="1"]

ですが、今回のコーチングで「感情を伴って実感した」ことで、
「知っている」ことが「実感した」ことに変わりました。

この感情を伴った学びというのは、行動に影響します。
無意識に、学んだことを実行できるようになってくるのです。

こうなると、無意識の行動が変わりますから、
結果にも大きな変化が起こってきます。
これは、「知っている」だけでは起こせない変化なのです。
[br num="1"]

つまり、学んだことを「感情を伴って」実感すること。
自分の普段の行動に照らし合わせて、「そうなんだ!!!」と
腹に落ちて理解することです。

こうなると、いちいち頭で考えなくても
学んだことを無意識に実行できるようになります。
[br num="1"]

だから、私のコーチングって、「えぐらえる」とか言われるんですが、
それくらい強く感情を感じてもらわないと、
結局何も変わらないので、仕方ないんですよね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

学んだことは、感情を伴って実感しよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社