人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

売れる人と売れない人の脳の使い方

Pocket

コーチングなんてことをやっていると、
会話の中で相手の考え方などが感じ取れることがあります。

なので、売れる人と売れない人は、会話しているとなんとなくわかります。
「この人は本当に売れてるんだろうな」とか
「この人はあまり売れないだろうな」とかですね。
[br num="1"]

で、私の考える「売れる人」「売れない人」の
脳の使い方の違いを少しだけご紹介しようと思います。

たとえば同じ営業のセミナーで学んでも、売れる人と売れない人では
そこから得るものや翌日からの行動に大きな違いがでます。
[br num="1"]

売れる人は、学んだことをじっくり掘り下げて
「自分の場合はどうするか」ということを考えます。

保険の営業をやっている人が、売れるラーメン屋さんの話を聞いて
「なるほど!」とヒントを得て、保険に応用したりします。

ポジティブな情報は全部自分の仕事に結びつけますから、
情報への感度も高く、何を聞いても自分の糧にすることができます。

だから、どんどん結果を出していくことができるわけですね。
[br num="1"]

反面、売れない人というのは、学んですらいません。
セミナーに出る、本を読む、研修を受ける。

これらのことは同じようにやっているし、真面目に取り組んでいますが、
ぜんぜん学んでいないんです。
[br num="1"]

どういうことかというと、売れない人は、
聞いた「情報」を「覚える」ことしかせず、自分のものにできていない。
だから、セミナーで言われた営業トークをそのままお客さんに使ったりします。

けど、セミナーで教わるのは基本的に一般論です。
その場に参加している全員に共通するように伝えられています。

個別の場合で少しずつ違っているので、自分で使うときは
自分用のカスタマイズをする必要があるわけです。

だけど、それをしない。
「なんて言えばクロージングできますか?」
「明日からすぐに使えるトークを教えてください」
なんて言ってるわけです。
[br num="1"]

自分の能力を高めるのではなく、魔法の杖のような便利なトークを聞いて
頭を使わずにその通りにやろうとするだけ。
これじゃ、売れるわけがありません。

セミナーで受け取った情報を、「考えて」「自分のものにする」。
これをしないまま、借り物のノウハウをいくら覚えても、
いい結果は得られません。

この「考える」というのが、とても重要になってきます。
[br num="1"]

では、どうすれば考える力がつくのかというと、
これはトレーニングするしかありません。

本当はたくさんのことを身につける必要がありますが、
最初の一歩としてご紹介するならば、

「これは、自分の場合だったらどうすればいいだろうか?」
という質問を自分に投げかけ、
答えを30通り考えることです。

筋トレと同じで、思考力もトレーニングが必要です。
少し自分に負荷をかけて、考える練習をする。
こうすることで、考えが深まり、学んだことを自分のものにできるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分に質問をして、答えを大量に考えよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社