日記・雑記 コーチング ビジネス

求められるまでは、コーチしない。

Pocket

よく、「中城さんと話していると、コーチングされてるみたいだ」と言われます。

きっと褒めていただいているんだと思うのですが、
残念ながら、私は普通の会話でコーチングすることはありません。
(コーチング的コミュニケーションになることは多いですが)
[br num="1"]

以前、コーチングを学んで間もない初心者の頃は、
普段から悩んでいる人や課題を持っている人を見つけると
コーチングの質問をして、いきなりコーチングに持ち込んでいたのですが、

あるとき、
「そういうコーチングみたいなのをいきなりやられたくない」
「どうしてあなたにそんなことを聞かれなければならないのか」
というようなことを言われたことがありました。

これを聞いて、思ったのです。
「ああ、たしかに、求められてもいないのに、よけいなことをしてしまったな」
「いきなり相手の中に、許可もなく踏み込むのは失礼だな」
[br num="1"]

それ以来、相手が求めていない限り、コーチングをすることを控えました。
許可なくコーチングに持ち込むこともしないように心がけています。
(それでも、ときどきやりかけてしまいますが 笑)
[br num="1"]

どんなにいいものであっても、相手が求めていないのなら、
それはただの迷惑になります。

特に、コーチングのような「心」を扱うものは、慎重にしないと
相手の大切な心を土足で踏みにじることにもなりかねません。

人の心を扱うプロである以上、それはしてはいけないこと。
過去の失敗から、これを肝に銘じて、
許可なくコーチングで「エグる」ことはしないようにしているのです。
[br num="1"]

なので、私との日常の会話で「気づき」があったのなら、
それはコーチングしたからではなく、私を一つの「きっかけ」として
ご自身で気づきを得て、それを活かすことができたのでしょう。

それはとてもすごいことで、普段から自分に向き合う習慣があるからできること。
その姿勢を大切に、より深い洞察をしていっていただきたいと思います。
[br num="1"]

・・・ちなみに、クライアントさんや受講生さんは、遠慮なくエグります(笑)

Pocket

-日記・雑記, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社