ブログ 人材育成 ビジネス

社長の思いを社員に伝えるには

Pocket

経営者、特に中小企業の社長だと、会社に対して
それ相応の思い入れがあることが多いです。

そうでなくても、自分のチームをこういうふうにしていきたいとか、
自分はこのために仕事をしているんだとか、
強い情熱や思いを持っている人はたくさんいます。
[br num="1"]

そして、その思いが強いがために、かえって悩んでしまうのが
「社員にこの思いが伝わらない」
ということです。

お客さまの幸せのためにこの会社をやっている
地域社会が活性化するためにこの事業をやっている
業界を良くしたくてこういう活動をやっている

こんな社長の熱い思いというのは、えてして社員には伝わらないもの。
ですが、社長としては思いを共有して、
みんなで一丸となって会社を発展させていきたいですよね。
[br num="1"]

では、どうやって「思い」を伝えていけばいいのでしょうか?
[br num="1"]

これは簡単な話ではなく、思いをうまく言語化するとか、
そこに一貫性を持たせるとか、ストーリーを語るとか、
いろいろあるにはあるんですが、

それ以前に、とても重要なポイントがあります。
[br num="1"]

それは、「社員の思いを理解する」ということです。
[br num="1"]

実は、「俺はこんな思いでやってるんだ!」という人のほとんどが
自分の思いをわかってもらうことばかりに意識が向いて
相手の思いをわかろうとしていないことが多いです。

そして、自分の思いをわかってくれない人の思いは、
やはりわかろうとしないのが普通です。

逆に、自分を理解しようと努めてくれる人に対しては、
自分もできるだけ理解しようと思うのが心情です。
(心理学的には「返報性」といいます)
[br num="1"]

ですから、相手にわかってほしいと思ったら、
まずはこちらが相手をわかろうとする。
その姿勢を見せることです。

といっても、そんなに難しいことではなく、
「君はどんな思いで仕事をしているんだい?」とか
「どんなことが好きで、どんな趣味があるの?」とか
そういう些細なことから始めるのでもOKなんです。

「私はあなたをわかろうとしている」というメッセージが伝わって
「あ、わかろうとしてくれてるんだ」と思ってもらう。
ここがスタートになります。
[br num="1"]

まずは、社員一人ひとりに耳を傾けてみましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

理解してもらう前に、相手を理解しよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社