人材育成 コーチング ビジネス

「会社の価値観」を示すと、離職率が下がる

Pocket

よく、夫婦の離婚の原因に「価値観の相違」というものがあります。
会社でも、「価値観が合わない」と言って辞める人が多いです。
価値観、というのはとても重要なもの。

では、「価値観」っていったい何なのでしょうか?
[br num="1"]

コーチングにおける価値観は、
「何を大切にし、何を遠ざけるか」
という【無意識の判断基準】のことを指しています。
[br num="1"]

たとえば、何をおいても業績を上げるべきだという人は
「業績」が価値観の上位にあります。

だからその人の判断は、「業績に対してプラスか、マイナスか」
ということが基準になります。

逆に、顧客との関係性が大切だという人は、
「関係性」が価値観の上位にあります。

だからその人の判断は、「顧客との関係に対してプラスか否か」
ということが基準になるわけです。
[br num="1"]

さて、この「価値観」。
多くの人が、これを明確にわかっていません。

そもそも価値観とは無意識のものですから、
普段はあまり考えることがないのです。

普段から考えていないものですから、もちろん言語化もしていません。
つまり、「会社として何を大切に仕事をするか」を
言葉にして示すことをしていないのです。
[br num="1"]

仕事の判断基準が曖昧なまま人を採用しますから、
いろいろな価値観の人が入ってきます。
中には、会社の方針と違う価値観の人もいるでしょう。

会社と価値観の近い人はいいですが、違う価値観の人は
自分がよかれと思ってしたことが、すべて会社の価値観と違ってしまいます。
「判断基準」が違うからです。

そうすると、頑張っても頑張っても結果は出ないし評価されないので
会社が嫌になってしまう。
そうして、辞めていってしまうというわけです。
[br num="1"]

そうではなく、最初から会社として何を重視するかという
価値観を明確に示しておくことです。

そして、その価値観に合う人を採用する。

普段の業務中でも、上司の判断基準を明確にしておけば、
部下はその基準に従って判断することができますし、
基準に対して疑問があれば、質問や意見を投げかけることもできます。

ここが曖昧になっていると、そもそも
「上司は頭が固い」「社長はわかってない」という感情論になって
何も改善できなくなってしまうのです。
[br num="1"]

会社として、社長として、上司として、
何を重要視して、何を遠ざける(しないようにする)かを
明確に示すことが、人手不足の解消だけでなく、
社員の意識の方向性を統一するのにも役立つのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

会社としての「判断基準」を明確に示そう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社