人材育成 ビジネス

なぜ、一部上場企業でも人が辞めるのか

Pocket

よく、社長さんと話していると、
「ウチは大手みたいに有名じゃないから、採用が難しい」とか
「大手は人にお金をかけられるからいいよね」とか
そういう話を聞くことがあります。

まあ、経営資源というのは限りがありますから、
中小企業では採用や教育にお金や人を割けないというのは
わからない話ではありません。
[br num="1"]

ですが、大手だからといって、採用や教育が
うまくいってるというわけではないのです。

大手居酒屋チェーンのワ●ミは「ブラック企業」と評判が立っていますし、
「働き方改革」のきっかけになったのは、大手広告代理店の●通です。

これらの会社は、人が「辞める」どころか、「自殺して」いるんです。
[br num="1"]

私が勤めていたSI企業も、一部上場で業界では名の知れた大手ですが、
私は辞めてしまいましたし、東大卒の同期は、私より先に辞めていました。

大手だからといって、人材に困っていないわけではないんです。
[br num="1"]

では、お金も人も余裕があるはずの大手企業で
どうして人材に困るようなことが起こっているのか。
もっと言えば、どうして社員が辞めてしまうのか。
[br num="1"]

給与や待遇でいえば、我々よりずっといいはずです。
今思えば、私もずいぶんいい給料をもらっていました。

ですから、給与や待遇で辞めたのではない。
[br num="1"]

そうではなくて、大企業を辞める大きな理由の一つに
「募集のときに、嘘をついていた」
というのがあります。
[br num="1"]

たとえば、私が新卒で就職したときは、
IT企業の景気が良くて、求人も多かったんですが、
どこの企業説明会にいっても、

「皆さんには、お客さまの問題解決を期待しています」
「パソコンを相手にプログラムを書く仕事はほとんどありません」
「コミュニケーション能力を重視しています」

という説明をしていました。

私はそれに騙されて、IT業界を志望したんですよね(笑)
[br num="1"]

で、実際に入ってみると、やる仕事は
仕様書とパソコンを相手に、日々カリカリとプログラムを書く毎日。

お客さまの問題解決、どこいった?
パソコンを相手にプログラムを書く仕事以外にやってないけど?
コミュニケーション能力、いらなくね?

私はまだ、お客さんとやり取りすることも多かったので恵まれていましたが、
同僚の多くが、納期と仕様とバグとの戦いで、
入社前に言われていたようなかっこいいSEの姿はどこにもありませんでした。
[br num="1"]

そりゃね、説明されていた「問題解決をする仕事」だと思って入って
気がつけば「とにかくバグを潰す仕事」をやる羽目になってしまったら、
誰だって嫌になりますよ。

期待していたのと違う仕事だったら、やめたくなります。

私の頃はまだ、転職や起業へのハードルが高くて
そんなことを思わずに我慢する人も多かったですが、

今はLINEで簡単に面接の予約ができる時代です。
インターネットで誰でも起業に挑戦できる時代です。

環境的に、会社を辞めやすくなっていますから、
仕事の内容が期待と違ったら、すぐに辞めてしまいます。
[br num="1"]

ですから、嘘をつかず、自社の情報をすべて開示することです。
入社してからどんなことをどのようにしてもらうのか、
魅力的なことも言うし、嫌なことも言うべきです。

その「嫌なこと」を受け入れてでも、ここで働きたいと思われるような
魅力ある会社を作ることが、辞めない社員を採用するポイントになるんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

嘘をついていいことばかり言っても、すぐに辞められてしまう

Pocket

-人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社