コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

マーケティングコンサルに頼んでも業績が上がらない理由

Pocket

やはり「マーケティング」というのは人気があるようで、
世の中には様々なマーケティングのコンサルタントがいます。

私も会社員の頃からずっとマーケティングを勉強していますから、
基本的なマーケティングはわかりますし、必要があれば
クライアントさんのマーケティング戦略を考えたりもします。

そういうわけで、ある程度はマーケティングがわかるんですが、
世の中に私よりできる人がたくさんいるので、
あえて表立ってやってはいないんです。
[br num="1"]

ところが、いろいろなマーケティングの人を見ていると、
「本当にできる人」と「すごそうなことを言ってるけど、
実はあまりわかっていない人」がいることがわかります。

本当にできるコンサルタントの指導を受けて戦略を立てれば
実際に業績も上がることが容易にわかりますが、

実はあまりわかっていないコンサルについてしまうと
自社の軸や戦略、理念、強みなどがぐちゃぐちゃになります。
[br num="1"]

「本当にできる人」と「あまりわかっていない人」の
一番の違いは、【根本の考え方をわかっているかどうか】です。
[br num="1"]

本当にできる人は、マーケティングの根本の考え方をわかっているので、
さまざまな状況に柔軟に対応することができます。

あまりわかっていない人は、表層的な「テクニック」はよく知っていますが、
テクニックの域を出ることができません。
いわゆる「テンプレ化」したノウハウしか持っていないのです。
[br num="1"]

テンプレというのは、ある決まった定型のことですが、
実際に実証された形式ですので、
この定型にハマるクライアントには、効果があります。

ですが、少しでも定型と違う状況やクライアントが来ると
そこで思考が止まってしまうんですね。
[br num="1"]

たとえば、よくある話で
「自社の強みを明確にする」というのがありますが、

わかっていないコンサルタントは、
「あなたの会社の強みは何ですか?」
という質問をします。

それを自分でわかっているクライアントならいいですが、
ほとんどの社長は、自社の強みを明確に自覚していません。
だから、「そんなのは別にないよ」と答えるんですね。

わかっていないコンサルタントは、こう言われてしまうと
「強みがないとマーケティングできません。強みを作ってください」
「強みがないなら頑張って営業するしかありません」
のようなことを言ってしまう。
[br num="1"]

ですが、その強みは「自覚していない」だけで、別の視点から見ると
すごい強みを持っている会社のほうが多い。

わかっているコンサルタントは、そのことを知っていますから、
いろいろな角度から市場と会社を分析し、その強みを明確にします。
本質がわかっているので、そういう応用が利くわけです。

ちなみに、コーチングの視点で言うと、
「では、今までに一番お客さんが喜んだのはどんなことですか?」
「他社の仕事のレベルが低すぎてイライラすることは何ですか?」
「ご自身が仕事をやっていて一番楽しいのはどんなときですか?」
というように、質問の角度や視点を変えて強みを引き出します。
[br num="1"]

もちろん、テンプレ(型)は大切です。
武道でも、最初に練習するのは基本の型です。

ですが、ビジネスは「型」が主体ではなく、
「会社」が主体なのです。

コンサルが「型」に「会社」を合わせているうちはまだまだ。

「会社」に合わせて「型」を変えたり、違う「型」を用意したり、
そういうことができるコンサルタントに力を借りましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

基本の「型」を使いこなせるコンサルタントに依頼しよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社