人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

主体的に動く人材を育てるには

Pocket

昨日のメルマガで、
「社員の生産性を伸ばすには、アカウンタビリティが重要です」
とお伝えしました。

アカウンタビリティとは、ざっくりいうと
「目標に向かって主体的に行動する力」のこと。
つまり、自分からどんどん動くということです。
[br num="1"]

この「アカウンタビリティ」については、
みっちり1日研修をして身に付けてもらうようなものなので、
簡単にメルマガで全部を説明することはできないのですが、

一つ、重要なポイントがあるので、そちらをご紹介します。
[br num="1"]

そのポイントとは、
【目標を自分ごとにする】ということです。
[br num="1"]

たとえば、会社の目標が「売上5億円」だとして、
これは会社の目標です。

社員たるもの、会社の目標を達成するために
努力すべき、という意見もよくわかるのですが、
社員からすると、会社の目標は所詮、会社のものなのです。

極端に言うと、「他人ごと」なわけで、
それが達成されようがされまいが、自分の給料には
たいして影響しないし、自分の人生とは関係ないと思っています。
[br num="1"]

もちろん、そうではなくて、「会社に貢献する」ことに
歓びややりがいを感じる社員も多いことは知っています。

ですが、そういう人たちは何もしなくても頑張ってくれますから、
アカウンタビリティを高めるべきなのは、
「他人ごと」として捉えている多くの社員、ということになります。

彼らに、会社の目標を「自分の幸福と関係がある」と思ってもらえれば
上司がガチガチに管理しなくても、自ら行動できるようになるわけです。
[br num="1"]

まあ、それが最も難しいポイントではありますし、
それこそ研修する際にもいちばん重要なところなのですが、
今日はそのためのヒントを一つ。
[br num="1"]

「会社の目標を達成すると、あなたにはどんないいことがありますか?」
「会社の目標を達成すると、あなたはどんな成長ができますか?」

こういう質問を、社員に投げかけて、引き出してあげることです。

「売上5億」を達成したら、社員にどんなプラスがあるか。
ボーナスがもらえるかもしれないし、自信がつくかもしれない。
社内の雰囲気が良くなるのが嬉しい人もいますし、
一番貢献した社員が表彰されれば、それを励みにする人もいます。

「会社が目標を達成すると、社員にもプラスがある」
ということを、一貫して伝えてあげること。
これが、アカウンタビリティを持たせるポイントの一つなのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

会社の目標を、みんなで共有しよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社