人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

売れるために必須の「マインドセット」とは何か

Pocket

よく、マーケティングなんかを勉強していると、
「マインドセットが重要です」と言われることがあります。

ノウハウよりもマインドセットだ、というのが、マーケティングコンサルの
常套句みたいになっている印象もあります。

クライアントのMさんも、あるネットビジネス塾に入ったら
「マインドセットが重要です」と言われたそうです。
[br num="1"]

私はコーチなので、曖昧なものは明確にしたくなってしまいます。
なので、この「マインドセット」というのも、
具体的に明確に、何なのかが気になってしまうんですよね。

Mさんにも、「マインドセットって、具体的に何なんですか?」と
聞いてみたことがあります。
すると、Mさんもビジネス塾の先生も、明確な答えを出してくれませんでした。

いろいろな方に聞いてみましたが、あまり明確な答えが得られません。
なので、私が勝手に決めちゃうことにしました(笑)
[br num="1"]

あちこちで言われている話を総合すると、マインドセットとは、
【その人にとって当たり前の考え方と、行動の基準】
ではないかと思います。

たとえば、「できない理由を言うんじゃない、できる方法を考えろ」
というのは「マインドセット」なんだそうです。
これは、問題に当たったときの「当たり前の考え方」であるといえます。
[br num="1"]

人は、「自分にとって当たり前の行動」しかとることができません。
なので、「当たり前の基準」が変わると、自然と行動が変わります。
逆に言うと、どれだけ勉強しても、基準が以前のままだったら
行動も以前のままになってしまうんです。

だからこそ、
「マインドセット(当たり前の考え方)が重要だ」と言うんですよね。
[br num="1"]

実は、売れている人の考え方というのは、本を読めば載っています。
「感謝を大切に」「お客様第一」「先に与える」
こういう考え方が大切だというのは、みんな頭ではわかっています。

ただ、それが「当たり前」かというと、そうではない。
「わかっちゃいるけど、やめられない」ではないですが、
わかっていることと、「自分にとって当たり前」なことは違うのです。
[br num="1"]

では、どうやってその「考え方」を「当たり前」にするのか。
その方法はいろいろありますが、私がコーチングでよくやるのは、

1.現在の「マインドセット」を明確にする
2.現状を変えなかったらどうなるか、詳細にイメージする
3.理想の「マインドセット」を定義する
4.変化した後の未来を、詳細にイメージする
というプロセスです。

こうすると、頭でわかっていたことを、感情を伴って実感でき、
いわゆる「腹に落ちる」という経験をすることができます。

もちろん、この「腹落ち」の深さはコーチの腕によるわけですが、
セルフでも試してみることができますから、やってみてください。

重要なのは、現状をあるがままに受け入れること、です。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

売れている人の考え方を「当たり前」にしよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社