ブログ コーチング 能力開発・自己革新

中学生が教えてくれた、上手な反省の仕方

Pocket

私、高校時代に、男子校の合唱部に入っていました。
NHKのコンクールなんかに出場するような、本気の部活で、
私の高校生活はほとんどが部活の記憶しかありません。

その部活の、コンクールのとき、中学生の部門で
課題曲になっていた歌がありまして。
[br num="1"]

・・・話は変わりまして、あるクライアントさんから
「営業がうまく行かなかった」という報告がありました。

まあ、営業は相手があってのこと、毎回成約するわけではありませんし、
「そういうこともあるよね」と思っていたんですが、

彼はそこで、「反省点がたくさんあるので、次に活かします」
と言ってきたんですね。
[br num="1"]

もちろん、反省というのは次に活かすものなので、
それでいいと思ったんですが、ふと気になったので、
聴いてみたんです。

「ちなみに、反省点というのはどんな点?」

すると、
「ちゃんと信頼ができてなかったかな、とか、
 いきなり商談ではなく、もうワンクッション必要だったかな、とか、
 キャンセルへの対応がまずかったかな、とか・・・」
と、反省点がたくさん出てきたんです。
[br num="1"]

ここで、私の中に、高校時代に聞いた中学生の部の
課題曲が脳内再生されました。
[br num="1"]

『反省しても、後悔するな』
[br num="1"]

中学生の曲は、このフレーズを1曲の中で10回は繰り返します。
もう20年以上経っていますが、ここだけは今でも覚えているんです。

これが気になってしまった私は、彼に聞いてみました。
「それって、【反省】なのか【後悔】なのか、どっちだろう?」

すると、彼は「後悔のほうが多いです」と答えました。
[br num="1"]

反省は、【省みる】の文字が表すように、
自分の行動やその結果をもう一度よく考えてみて、
自分の糧にすることです。

それに対し、後悔は【悔いる】の文字が表すように、
自分の行動や結果の欠点を後から残念がることです。

反省は「よく考える」ので、そこから次に繋がるプラスのものですが、
後悔は「残念がる」だけで、自分を否定して終わってしまいます。
[br num="1"]

後悔ばかりしていた彼が、その「失敗」をプラスにすべく、
コーチング的アプローチをとったんですが、
そろそろパソコンの電池が切れそうなので、また今度にします。
[br num="1"]

続きはこちらから

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

反省してもいいけど、後悔はやめておこう

Pocket

-ブログ, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社