ブログ コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

大変な状況は、自分が作っている

Pocket

先日、理容業をやっているIさんと話していたときのこと。
Iさんの一言がヒントになって、いいアイディアが浮かびました。

理容室、つまり床屋さんは、全国に13万件ありまして、
組合に加入している店だけでも、6〜7万件はあるんだそうです。

なので、そこに対して役立つものを提供することで
大きなビジネスができるのではないか、という話です。
[br num="1"]

この話だけでも、かなりいい感じのマーケティングの事例になるんですが、
それは今回は置いておいて。

今日はそのアイディアが出てきたときの、私の反応についてです。
[br num="1"]

私、このアイディアが出たとき、ふとある思考が浮かんできたんです。
それは、「こんなに簡単に儲かっちゃっていいのか?」という思考です。

この思考に気づいたとき、私の中に
「儲けるためには、難しいことをクリアして努力しなければいけない」
という考え方が存在することにも気づきました。

「簡単に儲かる」というビジネスアイディアがひらめいたとき、
あまりに簡単すぎるため、「それでは儲からない」と
そのアイディアを却下してしまうという可能性があるのです。

この自分のパターンに気づいたとき、
「あー、コーチと言っても、自分はまだまだ常識に縛られてたな」
と反省したのでした。
[br num="1"]

スピリチュアル系の人に言わせると、「この世のすべてのことは、
自分自身が作り出している」なんて言われますが、
これはある意味、的外れでもなんでもないのです。
[br num="1"]

前にいた人の事例ですが、「恋愛は傷つくもの」という考え方の人がいました。

すると彼女は、傷つかないような幸せな恋愛をしたときに、
「そんなはずはない、きっといつか傷つくはずだ」
「傷つかない恋愛なんて、あるはずがない」と
今の幸せな恋愛が「おかしな状況だ」と認識するようになります。

自分を傷つけない優しいパートナーに意地悪をし、
「ほら、これだけやれば怒って私を否定するでしょ?」
「ほら、こんなに意地悪なんだから、私を傷つけて捨てるでしょ?」
と、自分が傷つく状況を頑張って作ってしまう。

それで、ちょっとでもパートナーが怒ったりすると、
「ほら、やっぱり恋愛は傷つくのよ!」と
「恋愛は傷つくものだ」という考え方を強化してしまうのです。
[br num="1"]

このように、私たちの「認識」が、状況を作っている。
すべてのことがそうなんです、と言い切るつもりはありませんが、
経験上、この法則が当てはまる人は非常に多かった。

ですから、私がコーチングするときは、
相手の中の「考え方」に意識を向けて、そこの不具合を確かめる事が多いです。

自分が何か、思ったようにいかないとき、
「どうすればいいのか」と考えるのはとてもいいことなのですが、
その前に「どんな考え方が、この状況を作ったのか」と
自分の「常識」を見直してみるのも、一つの突破口になるかもしれません。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

常識を疑って、「ありえない!」ことも可能性に入れてみよう

Pocket

-ブログ, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社