お客さまの声

ひとり治療院で月商300万円を達成! 今もコーチングスキルを使っている田中さん

Pocket

田中雅浩さま (東京都:治療院経営)

田中さんは、高い技術を持った柔道整復師です。
東京の江東区で、接骨院を経営しています。

 

治療院の中でも、利益率の低い「保険診療」で営業し、 朝から晩まで働く毎日。毎日16時間。

食事をする暇もないほど働いているのに、思うほど利益が出ず、生活を維持するので精一杯…。

 

そんな悩みをどうにかしたいという一心で、
私のことを知り、セッションを受けにお越し下さいました。

 
最初は、「これからの経営について考えたい」と言っていたのですが、
聞けば聞くほど、それだけではない深い悩みが出てきて・・・

 
コーチングをして、自分の考え方のパターンや行動の癖、
自分を縛る勝手な思い込みに気づくたびに、
「俺、なんてバカなことをしてたんだろう」と、笑ってしまう。

 
そんなセッションを重ねていきました。

 
そして3ヶ月後、 月商100万前後だった売上が300万を超え、 売上が2.2倍になりました。

 
しかも、今までの約半分の労働時間で達成したというのです。
そんな田中さんにコーチングの前後の変化を詳しくお伺いいたしました。


── まず、コーチングを受けていただいたわけですが、
   そのビフォーアフターを教えてください。

 

以前は月商がだいたい100万くらいだったんですが、
コーチングの後、仕事のスタイルを変えて、
だいたい月商で200万前後です。

最高で303万円という売上を作ることができました。

 
それから、以前は朝から晩まで休みなく働いていたんですが、
今は一日の5〜6割働いて、今の月商を出すことができるようになりました。

 
── そもそも、コーチングを受けたきっかけは?

もともとセミナーで中城さんとご一緒して、面識はありました。
コーチングを受ける前は、院をどう改革すればいいかと悩んでいました。

どうすれば結果が出るといういくつかの選択肢は自分の中にあったんです。
勉強も相当していたし、本も読んでいたはずなんですけどね。

改革するためには値上げをしたり、客層を変える必要もあったんです。

それを、やればいいのはわかってるんだけど、どうしても一歩踏み出せない。

どうして踏み出せないのかもわからないし、
当時はすごく単価が安かったものですから、頑張っても頑張っても儲からないし、
身体は疲れるけど生活もきつくなる。

このまま院を閉めて、仕事やめちゃおうかな、と思ってたんです。

そんなときに、コーチングっていうのがあったな、と思いだして、
連絡させてもらいました。

「打破したかった」のが一番大きかったです。

 
── 「院について考えたい」と言われたんですけどね。
   まさかそんな状況だったとは(笑)

── 体験コーチングから、契約していただいたわけですが、
   契約するにあたって、なにか躊躇したことはありましたか?

やっぱり、最初はまとまった金額というものがあったので、躊躇はあったんです。
あと、3ヶ月という短期間で、自分が1年2年悩んでいたことが、
そんなに簡単に解決できるのか? 
というのは疑問に思いました。

ただ、これだけの金額だということは、
3ヶ月で変化する自信があるからこうなんだ、とも思いました。
金額が躊躇でもあり、後押しでもあったんです。

たとえば、3ヶ月10万円とかだったら、僕は受けてないですね。

自分がそれを受けたら後戻りはできないと思ったし、
それだけのものを提供する自信があるんだろうと、
料金から自信を感じ取りました。

料金が躊躇でもあり、踏み込んだ後押しにもなったので、
高い金額を取ってくれて良かったです。

── コーチングを受けると決めた一番の決め手は何でしたか?

一番は、体験コーチングを受けて、
「見る方向」や「ルール」が変わるだけで、短時間でも
こんなに自分が変われるんだ、と思ったのと、
これなら行動できると思ったのと。

やっぱり体験コーチングが大きいです。

あと、申込用紙に「こういう人はお断り」というのが書いてあるじゃないですか。
あれを見たときに、「この人、仕事できる人だ」と思ったんです。

「誰でも」じゃなくて「この条件をクリアしてる人になら、必ず結果出せる」と。
いいことばっかり言わないスタンスが見えたので。
契約書を見た時が決め手でした。

── 何が決め手になるかわからないですね(笑)

名称未設定
(申込書に「こういう人はお断り」と書いてあります)

 
── コーチングを受けて、どうなりましたか?

うちは以前は保険診療をやってたんです。
保険診療というのは、薄利多売で、安い料金で人数を集めていたんです。

これに限界を感じていたのでコーチングを受けたんですが、
ブレーキが外れたというか、恐怖心を感じなくなった。
行動が止まらない状態です。
(注:値上げすると患者さんがいなくなるという恐れがテーマでした)

当時数百円で治療してたのを、今では8,000円でやってます。

売上で言うと、100万ちょっとだったんです。今は、最高で303万円。
ただ、303万やったときは、あまりに身体が疲れすぎて、
死んでしまうと思ったので、今は200万くらいです。

200といってもMAXで働いているんじゃなくて、
労働時間の5割から6割くらいです。
5割だと180万くらい、6割だと200万超えるくらいですかね。

前は80から90%働いて、100万ちょっと。
経費抜いたら何も残らない(笑)
そういう、経済的なところがすごく良かったです。

あと、ある程度の売上に行ったら、自分が実践してうまくいった
ノウハウを売っていきたいというのもあったんですが、
これも今、治療家向けの塾を開催しています。

1人50万円の塾で、第1期をやったんですけど、9人来てくれました。
仕事面では、非常に順調に行っています。

 
── コーチングを受けて、一番良かったところを言うとしたら?

自分の仕事スタイルや人生設計は、
自分で作ることができるんだと気づけたことですね。

今までは待ちのビジネスをしていたんで、来た人に振り回されてたんですけど、
これは実は、自分が診たいクライアントを選ぶこともできるし、
探して集めることもできるし、単価も自由自在だし。

人生の主導権は自分にあるんだということを、
何十年ぶりかに思い出してやってます。

やっぱり、人生の主導権を取り戻したというのが、一番の成果でしたね。

 
── お金にも時間にも余裕ができたということですが、
   空いた時間とできたお金で、どんなふうに使っていますか?

収入についてはかなり上がりましたので、治療院の近所に引っ越しました。
家族の近くに居たかったし、通勤を楽にしたかったので。
休みの日は、家族と過ごしています。

今までは疲れきってたので、一日中寝てたんです。

前は何もできなかったんですけど、
休みの日は子どもと遊びにいけるし、外に出ていきます。

今まではお金の面から節約しなきゃいけないから、
たとえば子供にゲームセンターでゲームさせるにしても、
「どうしようかな」なんて(笑)

今は、「やっとけ」と(笑)

すごいバブルの弾けたような生活はしなくなって、
凄くシンプルに、必要な物を見極めながら使ってます。

湯水のように使うというのは、前のほうがあったと思います。
お金をつかうことでストレスを解消してたのかもしれません。

今考えると、自分自身がお金に振り回されてたのかもしれませんね。

今はゆとりの中で収入がでてるので、必要なもの、必要ないものとか、
分けることができる。ここにもゆとりが必要だと思いましたね。

 
── 今後、どういうふうにしていきたい、というものを聞かせてください。

今後は治療院を、50〜60%でやってるんですけど、
もっと稼働率を減らしていきたいです。売上を下げることなく。

必然的に値上げも必要ですし、もっと価値を高めていく必要もある。

コーチから教えてもらって、自分のコントロールができるようになったので、
単価を上げ、時間を減らし、というふうに進んでいきたい。それが1つ。

もう一つ、コーチングしてもらって、
あのきっかけでこんなに人生の振り幅が変わるんだと体験したので、
自分が今までやってきたことのノウハウを、同じような人に
伝えていきたいという夢が新たにできたんです。

今ちょうどやり始めたんですけど、今後もそれを広げていって、
治療院を運営しながら、情報を提供して困っている人を助けてあげたいという、
2つのビジョンがあります。

── 10年後、こうなっていたい、みたいなのはありますか?

治療院は、いつやめてもいいようになっていると思います。
治療は辞めてないけど。

治療院で生活費を稼ぐというスタイルからは外れていて、
ほんとに自分が好きなこと、物を教えるのが好きだと気づいたので、
教育的な部分をやっていきたい。

僕なら医療なので、医療従事者の方に経営や治療、体のことを
伝える活動をしながら、治療院を運営していく。

だけど治療院はメインではない、という状態になっていますかね。

今と変わってないけど、クオリティが上がってるというのが、10年後ですね。

 
── ご家族の反応は?

最初は、仕事の悩みや愚痴を妻に話して、イライラしてたんです。
妻はなんとかしてあげたいと、歯痒い思いをしてたと思うんですけど。

僕がコーチングで大きく変化したのって、たぶん3回目くらいでしたよね。
それから、妻は最初びっくりしてたみたいですね。どうしたの? って。

朝起きてポスティングに出かけるし、
1日働いてもぜんぜん疲れた顔してないし、楽しそうだし。

最初は困惑気味だったんですけど、途中から応援してくれて、
「性格が変わった」と言われます。穏やかになった、と。

 
── 激しかったんだ(笑)

仕事の質や濃さは、上がってます。責任の度合いも上がってると思う。

時間的な制約は減った反面、プレッシャーは多いはずなんですけど、
今のほうが、プレッシャーを受けながらでも、穏やかに生活してると
家族に言われるし、楽しそうだと言われるのが、一番大きいですね。

 
── 久しぶりにお会いしたけど、ほんとに穏やかになってますね。にこやかで。

これ、いろんな人に言われます。久しぶりに会った人とか。変わったって。
変わったんでしょうね(笑)

実際コーチング受けて、自分の中で何の変化が起こったかは、
自分ではわからないんです。

 
── じゃあ、その秘密は、後で飲みながら(笑)

 
── 最後に一言、お願いします。

自分の人生の主導権。
自分の人生は設計できるし、人生はコントロールもできるし、
それを増やすことも減らすこともできる。

自分ができることなんですね。

人生は振り回されているように見えるけど、
その振り回されているのを選択しているのすら自分だ
ということに、気づかせてくれる、非常に良いコーチです。

値段で躊躇もありますが、一生ものだと思ったら、一生の宝ですから。

少しでも自分の人生の主導権を取り戻したいと考えている人は、
申し込んで、人生にブレイクスルーを起こしていただきたいと思います。

 
 ── 最後、宣伝までしていただきまして(笑)、
   ありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ

 
コーチ:中城卓哉(https://www.180-0004.com/


>>【無料レポート】社員がすすんで働き出す アメとムチの正しい使い方

>>コーチングをマネジメントで上手に使う方法って?

Pocket

-お客さまの声
-, , , , ,

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社