ブログ ビジネス 能力開発・自己革新

「占いは統計学です」という占い師は信用できるか

Pocket

私、けっこう占いなどは好きで、以前は占いの館などにも行っていました。
今でもタロットをめくってみることなんかもあります。

四柱推命やホロスコープなども、話を聴くのは楽しいですし、
そこで気づいたことをヒントに方針を決めることもあります。

そういうわけで、占いは個人的には好きですし、
当たるかどうかは別として、よく参考にしていますが、
一つだけ、ずっと腑に落ちないことがありました。
[br num="1"]

それは、「この占いは統計学なんです」という言葉です。
[br num="1"]

私、学生の頃と前職の頃に少しだけ統計をかじったことがあって、
「統計学」というとセンサーが反応してしまうんですが(笑)、
本当に「統計学」である占いには、まだ出会ったことがありません。

「統計学」というなら、どんなデータをどんな手法で解析して、
それに対してどんな結果が出て、どう解釈し、結論づけたのか、
その筋道が立っていなければいけないのですが、
未だその説明ができる占いに出会ったことはないのです。

占いそのものは否定しないし、むしろ好きなんですが、
占いは占いであって、統計学をわざわざ持ち出すことはないと思うのです。

逆に、「統計学」なんてちょっと権威のあるっぽい言葉を使って
自分を信用させようとしてるんじゃないかと勘ぐってしまいます(笑)。
[br num="1"]

なので、私自身は「この占いは統計学です」と言う占い師は
あまり信用しないようにしています。
(統計学的な解説ができる人は別ですが、よくわかっている人ほど
 「あくまで占いだからね」という言い方をします)
[br num="1"]

誤解しないでいただきたいのですが、
占いがインチキだというわけではありません。

占いには占いの根拠があって、その分野では確立されていますから、
それを否定するものではありませんし、
繰り返しになりますが、私も占いはけっこう好きです。

ただ、「統計学ではないよね」ということです。
[br num="1"]

ちなみに、「占いについて統計学的に解説したものはないかな」と思って
軽くググってみたら、こんな文章を見つけました。
この解説は、私的にしっくりきたので、紹介しておきますね。
>> http://constellation.client.jp/uranaito_toukeigaku.html

「統計」の定義をどう考えるか、という考察なのですが、
広い意味で捉えれば、「いろんな人を鑑定した結果、そういう傾向があった」
というのも「統計」と言えなくはない、と。

ただ、「統計」を「学問」的に使ってるわけではないので、
「統計学」ではなく「統計」といえば、そうだと言えなくもないですね。

私の感覚だと「統計」でもなく「経験則」という言葉がしっくりきますが。
[br num="1"]

何にしても、占いは占い。
その結果をどう活かすかは、自分次第です。

主体を占いに置くのではなく、主体はあくまで自分自身、
という姿勢で取り入れるのがよろしいのではないかと思います。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

占いは「経験則」。振り回されるのではなく、活用しよう。

Pocket

-ブログ, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社