ブログ コーチング 能力開発・自己革新

いい部下に恵まれないのはなぜなのか

Pocket

私は会社員の方のパーソナルコーチングもやっています。
昨日はMさんという、事務職の方。
Mさんは業績アップなどではなく、ご自身の状態を良くするために
もう何年もコーチングを続けています。

昨日は、「上司」の話でした。
[br num="1"]

Mさんとはお付き合いが長く、その間の仕事についても
ずっと話を聴いてきています。
そんな中、Mさんには一つのパターンがありました。

それは、
「なぜか、上司に恵まれない」ということです。
[br num="1"]

今の部署の上司は、気配りができなくて無茶振りばかり
前の部署の上司は、やる気がなくて全然仕事をしない
その前の上司は、パワハラ上司で潰されそうになる・・・

どうも、Mさんは嫌な上司の下につくことが多かったのです。

「Mさん、上司に恵まれないねぇ」なんて話をしていました。

すると、
「そうですよね。これ、どうにかなりませんかね。
 私が引き寄せてるんですかね」
とMさんがつぶやいたので、少し考えてみることに。
[br num="1"]

一時期はやった、「引き寄せの法則」によれば、
私たちは意識したものを引き寄せると言われます。

私は別に、スピリチュアルの専門家でもなんでもありませんが、
実際のところ、私たちは意識したものを引き寄せるようにできています。

それは、お金のことを考えると収入がやってくるとかいう
オカルトみたいな話ではなく、
「嫌な上司を引き寄せる人は、そういうプログラムで生きている」
ということです。
[br num="1"]

そういうわけで、Mさんの脳のプログラムを探ってみます。
すると、Mさんは「上司の嫌なところがよく目につく」
ということがわかりました。

「この上司は気配りができない」「この上司は責任を取らない」
などなど、上司の「嫌なところ」にフォーカスが当たっているんです。

これは、Mさんの「上司の嫌なところに目を向ける」という
無意識のパターンによってそうなっています。

つまり、Mさんは誰が上司になっても「嫌なところ」が気になって
その「嫌なところ」のせいで、どんどん嫌になっていくわけです。
[br num="1"]

どんな人にも、いいところと嫌なところがあります。

その中で、
いいところに目を向ければ、いい人に。
嫌なところに目を向ければ、嫌な人に。
自分の印象や感情は、「フォーカス」によって変わってしまいます。

だから、よく「美点発見」といって、
「相手のいいところに目を向けて、ほめてあげよう」
と言っているわけです。
[br num="1"]

これは、立場が逆転しても同じこと。
部下に恵まれない人の多くは、部下の「嫌なところ」「できていないところ」
によく目を向けています。

だから、部下に対する評価が「嫌だ」「できていない」になる。

だとすれば、いい部下に恵まれるために最初にすべきことは
【その部下のいいところを探す】ということですね。
そして、そこを強みとして伸ばしてあげる。
[br num="1"]

その人の弱みや苦手は、なくなったわけではありませんし、
そこから目を背けろというわけではありません。
仕事上必要であれば、その弱みを克服する必要もあるでしょう。

ただ、相手のどこに意識を向けるかによって、
「この人はダメだから、改善しなければならない」という批判になるか
「この人は素晴らしいから、弱みを補おう」という育成になるか、
その違いは、部下の働き方にも大きな違いを生むのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

人のいいところに目を向ける練習をしよう

Pocket

-ブログ, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社