コーチング 能力開発・自己革新

カタコトの英語で、鬱を治した話

Pocket

8年前、私がアメリカで、アンソニー・ロビンズの
リーダーシップトレーニングに参加したときの話です。

そこでは、「価値観レベルで人が変わる技術」を学ぶのですが、
これがまた、スゴイの一言で、
目から何枚もウロコを落として参加していたんです。

それまでも、アンソニー系のコーチングをやっていましたが、
やはり公式は違いました。
すぐに使える実践的なスキルを、毎日学ぶことができました。
[br num="1"]

そして、トレーニングの最終日。
「3人組を作って」と言われたので、他の受講者2名と
一緒にグループになりました。

「では、これからお互いにコーチングをやってみて」と、
トレーニングの総仕上げが始まったのです。
[br num="1"]

ちなみに、この時の私の英語力ですが、TOEICでいうと650点くらい。
できなくはないですが、流暢でもありません。

正直、会話はカタコトでしのいでいましたし、
セミナーで言われていたことも半分くらいしか理解できませんでした。

日本に来ている外国人が、
「コニチワ、ワタシ、イギリスカラキマシタ」
と言ってるようなレベルでしょうか。
もちろん、普段コーチングで使うような器用な言い回しはできません。
[br num="1"]

それでも、始まってしまったものは仕方ありません。
目の前の女性に、「あなたの課題は何?」と聞くと、
「Depression」と答えました。

残念なことに、私はこの言葉の意味を知らなかったので、
「きっと気分が落ち込んでいるとか、そういうことだろう」と推測し、
習ったとおりのコーチングをはじめました。
[br num="1"]

しかし、カタコトの英語で、スムーズに進まないのを見て、
同じグループのスイス人の女性が割って入り、
「さあ、あなたの未来を感じるのよ、感じて!」
と、私の代わりにコーチングを始めてしまったのです。

しばらく彼女のやることを見ていたのですが、
どうもクライアントの反応が鈍い。
英語は当然上手ですし、スキルも適切に使っているのに、
あまりうまく進みません。

クライアントの女性は、そんな中でも懸命に取り組んでいたのですが、
私の目には苦しそうに見えました。
[br num="1"]

私は、その様子を見て「何かが違う」と思い、
スイス人の女性に「ごめんね、僕の番だから僕がやるよ」と伝え、
あらためてコーチングを開始しました。
[br num="1"]

Depressionについてはよくわかりませんが、本人が改善したいことです。
彼女の目を見て、本気で向き合いました。

思いつく限りの質問を、知っている限りの英単語で、
全力で問いかけているうちに、少しずつ反応が変わってきました。
苦しそうな顔が、覚悟を持った顔に変わってきたんです。
[br num="1"]

最後に私は、こう訊ねました。
「How about your son? How does he feel about you?」
(あなたの息子さんはどうなの? あなたを見てどう思うだろう?)

すると、彼女は泣き崩れ、
「私、このままでは息子に軽蔑されるわ!」
というようなことを叫んだのです。

そして、その次の瞬間、「私は絶対に変わる!」と言いました。
その瞳には、先程までの弱々しい表情はまったくなく、
「自分を変える」と心に決めた母親の姿がありました。
[br num="1"]

その後は、相変わらずカタコトの英語で、習ったスキルを使い、
無事に彼女の問題を解決することができました。

終わってから、「あなたのおかげよ、ありがとう!」と
満面の笑顔で言われたことを、今でも思い出します。
[br num="1"]

ちなみに、今日のメルマガタイトルからお察しの通り、
Depressionとは「鬱」のこと。
カタコトの英語で、鬱を治してしまったのでした。
(治したのは本人の心の力だったんですけどね)
[br num="1"]

ここで、私はコーチとしてもっとも重要なことを学びました。
それは、
【スキルだけでは、本質的な変化は起こせない】
ということです。

そして、
【どんなに不利な条件があっても、その時にできる最善を尽くす】
ということも学びました。
[br num="1"]

クライアントは、それこそ人生そのものを賭けて相談に来ます。
コーチの対応一つで、その後がまったく違うことも大いにありえます。

そのとき、どれだけ真剣に相手に向き合えるか。
打つ手が無いように見えたとき、それでも打つ手を探すことができるか。
「絶対にこの人の力になる」という覚悟が持てるか。

NLPやら心理学やらのテクニックは、もちろん重要ですが、
こういう覚悟や心構えこそが、圧倒的な結果を生むということを
鬱だった女性に教えてもらったのでした。
[br num="1"]

なので、今でも私は、クライアントに真剣に向き合います。
真剣さ故に「ドS」とか言われても、気にしないのです(笑)
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

本気で向き合う姿勢を持とう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社