コーチング 能力開発・自己革新

コーチングしてたら出産に立ち会ってしまった話

Pocket

私はもともと、アンソニー・ロビンズ系のコーチングをしてまして、
いわゆるビジネスコーチングというよりは、自己啓発系の
メソッドが入口になっています。

「自分の在り方がすべて」「人への貢献が豊かさを作る」
「自分を偽って得た成功は長続きしない」
「何を得るかではなく、どんな人になるかだ」

とまあ、こういう考え方が中心にあって、
その上での人材育成や戦略構築のお手伝いなんですね。
[br num="1"]

で、昨日は久しぶりに、コテコテの自己啓発系コーチングをやってきました。

自己啓発系というと、基本的に出てくるテーマは
「自分を変えたい」
という感じになってくるんです。

クライアントさんに許可をいただいたので、
少しだけコーチングの内容をご紹介します。
[br num="1"]

Mさんは、「やらなきゃいけないことはわかっているけど、
なかなか行動に移せない」という問題を持って
コーチングに来られました。

これはビジネス系でもよくあるテーマですね。
今回、Mさんは自分からよく話してくれる方だったので、
あまり質問などをせず、しばらく話を聴いていることにしました。
[br num="1"]

いろいろ聞いていくと、
・収入はそれなりにあるので、不満ではない。
・アロマの仕事自体は嫌いではないし、仲間もいる
・家族の仲もよく、人間関係も良好である
という、一見すると悩みのなさそうな状態です。
[br num="1"]

なのに、その反面
・それなりに恵まれている現状だが、このままではいけない気がする
・きちんとした規則正しい生活をすべきなのに、それができていない
・もっと収入を得ないと、安心できない
という悩みも持っていました。

「現状に不満はない」はずなのに「このままではいけない」という
相反する考えがあって、それが葛藤しているというのです。
[br num="1"]

実は、この「相反する考えが葛藤する」というのは、
経営者の内面でもよく起こっています。

この葛藤が、さまざまな問題を作っているので、
葛藤を解消するだけで、ものごとがどんどん上手く行ってしまうんですけどね。
[br num="1"]

ただ、今回はもっと問題が根深い気がしたので、もう少し話を聴きます。

この「もう少し話を聴く」というのはとても重要です。
クライアントは、いきなり最初から答えを出してはくれません。

いくつか、頭の中にあるいろいろな考えを口に出して、
それを整理すると、次の考えを話し始めます。

表層的に気になっていることを全部出しきった後で、
初めて本質の問題を話してくれるんです。
なので、相手の話は【最後まで聴く】のが重要なんですね。
[br num="1"]

さて、もっと話を聴いていくと、ふとMさんが、
「・・・孤独感、かな」
と言いました。

このように「ふと」口に出した言葉というのは、とても重要です。
考えて出した答えではないので、本音の可能性が高い。

それまでの話の流れなどを総合的に見て、この「孤独感」が
Mさんの問題の中心だと判断し、孤独感について聴いていきます。
[br num="1"]

すると、いろいろな深掘りの結果、
「どうせ私には価値がない。いてもいなくても同じ」
という言葉が出てきたんですね。

これは、「自己評価」という、メンタルを形作る
もっとも重要な要素の一つ。

Mさんのメンタルの基盤には、「どうせ私には価値がない」
という考えがあったのです。

※ちなみにこの「自己評価」については、11月号の
 CD講座で詳しくお話しています。
(CD講座についてはこちらをどうぞ)
[br num="1"]

ここから、Mさんの問題を作っている「自己評価」を
根本からガラリと変えるセッションに入っていきます。
[br num="1"]

・・・と、だいぶ長くなってしまいました。
続きはまた明日、お届けしようと思います。
[br num="1"]

>> 続きはこちら

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

相手の言葉の裏にある、本当の問題が出るまで聴き続けよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社