人材育成×コーチング 能力開発×コーチング コーチング

コーチングの「答えは相手の中にある」は本当か

コーチングを学んだ人や、話を聴いたことがある人なら、
「答えは相手の中にある」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

これはつまり、「その人の問題の答えはその人のものであり、
周囲が言って聞かせてもそれが正解とは限らない。
その人にとっての正解はその人にしかわからない」
というような意味で、

コーチングではコーチの意見を押し付けてしまうのではなく
相手の中にある答えを引き出すようにするというのが基本姿勢です。
 

ですから、プロのコーチはむやみに相手に
「○○した方がいい」と答えを示すことはしません。

なので、コーチングを学ぶと、この「答えを言わない」というやり方に
フラストレーションを感じる人が多いようです。
特に、経験や勉強を多く積んでいる人ほど、もどかしい思いをします。
 

この「答えを教えない」「相手に考えさせる」「引き出す」という
基本姿勢ができるようになって初めてコーチと言えますが、
これはあくまで「基本」の姿勢です。

実は、「答えは相手の中にある」と言いつつ、
相手がどれだけ考えても答えに至らないということもあります。

たしかに答えは相手が自分で考えるべきなのですが、
まだその人の中に答えがない段階というのが存在するわけです。
 

プロのコーチとなると、「答えを教えない」「引き出す」姿勢を保ちつつ
今の相手の中に存在しない答えを導く必要が出てきます。

コーチも知らない、クライアントも自分で気づいていない
新たな答えを引き出すのが、プロの仕事です。
 

今日は、その「クライアントも自分で気づいていない答え」を
引き出すための方法について少しお話します。
 

さて、今の相手の中にない答えを引き出すにはどうするか。
テクニック的なものはいくつもありますが、重要なのは、
 

【相手が考えたくない事を考えさせる】ことです。
 

人は無意識に、「自分にとって都合の悪いことを避ける」という
感情のパターンを持っています。

自分に不利益が起こるかもしれないこと、怖いと思っていること、
今までに失敗してしまったことなど、
ストレスに感じることは考えたくないので、考えないようにしています。

そして、楽にできること、確実にわかっていること、
リスクやストレスの少ないことを考える癖があるのです。
これを「安全領域(コンフォートゾーン)」なんて呼んだりします。
 

ですが、今問題に直面しているとき、その「安全領域」には
解決策は存在しません。

普段考えていることで解決できるなら、とっくにやっているからです。
 

今問題を抱えているということは、今目標に至っていないということは、
今までのストレスのないことを考えていては、
問題は解決しないし、目標は達成できないわけです。

だから、今まで考えていなかったこと、
ストレスや恐怖があって、考えないようにしていたこと、
失敗するかもしれないので避けていたようなことを
考えたり実行したりする必要があるわけです。
 

これは、「今の」相手の中には存在しない答えです。

安全領域から飛び出して、新しい考え方になって
新たなその人自身から引き出すべき答えなのです。

プロのコーチは、その「新しい可能性」を引き出し、
そこから新しい答えを導きます。
 

今、何か問題に直面していて、解決策が見当たらないときは、
今まで考えたくなかったこと、やろうとしなかったことに
目を向けて、少しでも動いてみることです。

今までの延長には、その答えは存在しないのです。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

安全領域から飛び出そう

-人材育成×コーチング, 能力開発×コーチング, コーチング

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社