人材育成 コーチング

男性は○○を求め、女性は○○を求める

Pocket

今日は久しぶりに、男性・女性の話を書いてみようかな、とか。

私は恋愛系のコーチではないので、普段はあまり言わないんですが、
ビジネスにおいてもとても重要な要素なのです。
これを活用すると、モチベーションや行動力、影響力が飛躍的に高まります。
[br num="1"]

私たちの感情のエネルギーには、「男性性」と「女性性」があります。
男性性はたくましく、達成を好み、冒険・挑戦し、戦いに勝とうとする。
女性性は柔らかく、調和を好み、共感・理解し、戦いを避けようとする。

この両方の極性を理解しておくことが重要です。
[br num="1"]

で、こういう話をすると、
「そうか、男性は好戦的なんですね!」というように
すべての男性、女性をその定義に当てはめようとする人がいますが、
当然、定義に当てはまる人ばかりではありません。

「男性性」と「男性」、「女性性」と「女性」は違うのです。
すべての人が、男性性と女性性のエネルギーを持っています。
そのバランスが、人によって違っています。

男性性の強い女性もいるし、その逆もあります。
あくまで「エネルギーの極性」の問題です。

ですが、ちょっと読んでてまだるっこしいかもしれないので、
便宜上「男性は」「女性は」と書きますね。
[br num="1"]

で、男女のエネルギーの違いなんですが、細かい話はさておき、
原理的に男性は安定、女性は不安定がベースになります。

男性はとても安定していて、ブレたり揺らいだりしません。
自信と確信と存在感に満ちていて、頼もしく映ります。

女性は不安定で解放されていて、固定されていません。
自由と楽しさと解放感があり、輝いているように映ります。

なので、ビュッフェスタイルの店で食事をすると、
男性は気に入った料理を食べ続け、
女性はすべての料理をちょっとずつ食べようとします。
[br num="1"]

男性は元が安定しているので、対極にある不安定や自由を求めます。
女性は元が不安定なので、対極にある安定や安心を求めます。

男性に対しては、自由や冒険を提供すると喜ばれ、
女性に対しては、安心感や信頼感があると選ばれます。
[br num="1"]

ちなみに、9割がたの男性が、男性エネルギーを中心に持っていて
9割がたの女性が、女性エネルギーを中心に持っています。

つまり、男性は男性性が得意、女性は女性性が得意、ということです。
エネルギーが逆転している人もいますが、あまり多くはありません。

「草食系男子」は、女性性が中心なのではなく、男性性が弱いだけ。
本来得意な男性性を使っていないので、全体に弱く見えます。

ちなみに、女性性が中心にある男性は、「男らしくない」ではなく
「女らしい」と評価されます。

これは「肉食系女子」についても同様です。
[br num="1"]

自分の中心のエネルギーを使うことができるようになると、
それまでからは考えられなかったほどの影響力が発揮されます。

男性は強くたくましくなり、目標に突き進む行動力が跳ね上がり、
女性は美しく可愛らしくなり、人を引きつける魅力が強くなります。

男性性、女性性ともに、本来のエネルギーを使うようになるだけで
能力やパフォーマンスが向上し、圧倒的な結果を出すことができます。
[br num="1"]

・・・ということを知っていると、恋愛などの男女関係はもちろん、
人材育成においての接し方を変えたり、営業の提案の仕方を変えたり、
また、自分の能力向上にも役立てることができます。

「男は火星人、女は金星人」なんて言った人もいるくらい、
男性と女性は大きく違うもの。
「違うのだ」ということを知り、その違いに敬意を持てると、
いろいろなことがやりやすく、変わっていくんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

男性と女性の違いを知り、お互いに尊重しよう

Pocket

-人材育成, コーチング

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社