人材育成 コーチング ビジネス

やるべきなのに面倒なことをどう実行するか

Pocket

今日の相談は「1年の目標を設定したい」というものでした。
3月は年度末にあたり、クライアントさんは一番の書き入れ時。
ここから1年のビジネスをしっかり構築したいということでした。

ところが、今日のクライアントであるYさんは、
業界でも有名な「売れてる」会社で、業績は堅調、
ビジネスに関するプランも実績も方法も、全てわかっています。

なので、「どうやって達成するつもりですか?」と聞くと
Yさんの頭のなかに既に計画ができていて、
「あとはやるだけ」になっていました。

もう、開始5分で、私の出番なしです(笑)
[br num="1"]

「なんだ、もうわかってるじゃないですか。あとはやるだけですね」
と言うと、Yさんの本音が出てきました。

「そうなんだけどね、実は社内のコミュニケーションが・・・」
[br num="1"]

そう、Yさん自身はやるべきことはわかっていたんですが、
それを社員に周知したり、実行できるようにすることに
抵抗を感じていたんです。

「自分が手を動かしてやるのはちょっと違うんだよね。
 社員にやってほしいんだけど、ちょっとね・・・」

そう、Yさんの課題は「やり方」や「目標」「計画」ではなく、
それを「社員に伝えて、実行してもらう」ことでした。
[br num="1"]

「で、どうやって実行してもらうんですか?」と聞くと、
「会議とか、報告とか、やればいいんだけど・・・
 どうもめんどくさくなって、俺が最初にサボっちゃうんだよ」

「そいつは困りましたね。これ、どうしようと思ってますか?」
「なんだろう、やらなきゃいけない状況に追い込めばいいのかな?
 やったら自分にご褒美をだすようにする?」

こんなふうに言ってますが、どうも決め手に欠ける様子。
気になったので、聞いてみました。

「Yさん、いろんな仕事をやっていて、一番テンションが上がるのは何ですか?」
「えー、そうだなぁ。目の前の人が成長してくれたとき、かな」

「あ、そうなんだ。それならめんどくさくないんですね。
 それなら、Yさんの仕事を『社員を成長させること』に
 してみたらどうですか?」
「お、それはいいね。それなら楽しくやれそうだ!」
[br num="1"]

実は、中小企業でよくある話なんですが、会社を良くするために
会議やルールを社長が決めたとき、一番最初にそのルールを破るのは
ルールを作った社長自身なんです。

これが続くと、社員はだんだんやる気をなくしていってしまいます。

社長がルールを破ってしまうのは、誰にも怒られないからです。
なので、社長には自制心が要求されるわけですが、
自制心には限界があったりします。

そういうとき、どうすれば会社を良くする行動が取れるかというと、
「自制心を使わなくても行動できるようにする」ことです。
[br num="1"]

Yさんは、「目の前の人を成長させること」には
ポジティブな感情を持っていました。
つまり、強制されなくても、やっていて楽しいわけです。

その「成長させる」ことと「社員とのコミュニケーション」を
結びつけてしまえば、Yさんはやるべきことを強制されなくてもやれる。

この「強制されなくてもやれる」というのが重要です。
[br num="1"]

多くの人が「何をやるか」に意識を向けていますし、
それが大変なことだと、根性や自制心でやろうとします。

ですが、人間、そんなに大変なことを頑張り続けられないわけです。

それより、「どんな感情でやるか」に目を向ける。
根性を使わなくても、楽チンにできるように仕向けてあげるわけです。

これを自分自身に使うことができれば、
苦手なこともどんどん行動できるようになります。

それこそが、今の状態から会社を飛躍させる第一歩なんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

やるべきことと、好きなことを、結びつけよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社