コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

やればいいのはわかってるのに、やれない理由

Pocket

先日、営業職のTさんから、チラシの添削を頼まれました。
私はコーチですが、クライアントさんの結果を出すためなら
チラシだってやっちゃいます。
[br num="1"]

さて、このTさんのチラシ。
守秘義務のため、詳細は言えないのですが、
「商品」よりも「人」を見せるチラシメソッドを使っています。

なので、Tさんの人柄をここで表現したい。
そのため、ワープロではなく、手書きでやってほしいと言いました。
文字にも、その人の正確や個性が出るからです。
[br num="1"]

するとTさん、
「いやぁ、手書きだけは勘弁してください」
と言うんです。

私は、手書きにするほうがどれだけいいか、
ちゃんとメソッドの意図も説明し、理解してもらいました。

それでも、「手書きのほうがいいのはわかるんですけど、
やっぱりちょっと・・・ ワープロじゃダメですかね?」
と、頑なに手書きを避けようとするんですね。
[br num="1"]

このように、
「やればいいのはわかっているのに、実行できない」ことはよくあります。

むしろ、たくさん勉強していて結果が出ない人は、
ほとんどがこれだと言ってもいいくらいです。

つまり、「知ってるけどやらない」。
だから、結果が変わらない、というわけです。

(ちなみに、Tさんは既にかなり売れていたんですが、
 もっと売れるようになりたいというオーダーでした)
[br num="1"]

さて、この「わかっているのに実行できない」というとき、
その問題の原因は、知識やノウハウ、スキルではありません。
問題は、【感情】にあります。

その「いいこと」をやることが、嫌な感情と結びついている。
これが、実行できない理由なんですね。
[br num="1"]

Tさんの場合も、その【感情】を特定する必要があり、
あの手この手で引き出していくと、

「自分は字が上手じゃなく、字が下手だと頭が悪いと思われる」
というのが、手書きに踏み切れなかった理由でした。

そして、「頭が悪いと思われる」のが、極端に怖い。
その恐怖心が、行動を止めていたのでした。
[br num="1"]

アンソニー・ロビンズによると、
「すべての行動を止めるのは、恐れの感情だ」
と言われます。

つまり、行動できないときは、何かを恐れているということです。
[br num="1"]

自分自身が、いまいち行動できない。
部下が、何度言っても行動しない。

そういうとき、「何を恐れているのか」に目を向けて
深掘りしていくと、その原因がわかるかもしれませんよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

何を恐れているのか、自分の本音を探ってみよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社