人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

仕事のパフォーマンスを高めるちょっとした方法

Pocket

私たちのほとんどすべての人が、「仕事が忙しい」と感じています。
そして、「もっと早くできたらなぁ」「もっとうまくできたらなぁ」と
心のどこかで感じているのではないでしょうか。

そんな「パフォーマンスを高める」ための
ちょっとしたトレーニング方法があるので、
今日はそれをご紹介します。

これは、うちの息子(4さい)にも効果があって、
以前はギリギリまでかかっていた保育園のお支度が
20分前に終わるようになってしまったというスゴワザです。
[br num="1"]

やり方はとても簡単で、
【締切を決めて、アラームを鳴らす】
というものです。
[br num="1"]

「1時間以内に終わらせたい」と思ったら、タイマーを60分にセットして
見えるところに置いておき、60分でやる。

ものっすごく単純ですが、これだけでパフォーマンスが変わります。
これを「締切効果」といいます。
[br num="1"]

私たちは、普段は締切をあまり気にしていません。
仕事の納期が迫ると、やっとそこで締切を意識して
「やらなきゃ!」となり、急いで仕事を終らせる。

だったら、締切をいつも意識できればいいわけです。
「いつまでに」が明確になると、脳はそこまでの時間で
最大限のパフォーマンスを発揮することができるんです。
[br num="1"]

クライアントのMさんにも、この「締切効果」を使ってもらいました。

ブログ記事を書くのに、今まで3〜4日かかっていたものを
「2日でやってください」と負荷をかけたところ、
本当に2日でできるようになりました。

締切が迫っているので、「どうしようかな、この文章でいいかな、どうかな」
と迷っている時間がなくなって、スパッと決められるようになったからです。

なので、普段より少しキツめの締切を決めるといいでしょう。
[br num="1"]

期限を明確にすると、今まで使っていなかった能力が
ぐっと引き出されてくるんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

締切を使って、自分に負荷をかけよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社