コーチング ビジネス

思わず読んでしまう文章を書く方法

昨日は、アフィリエイターのMさんとコーチングでした。
Mさんはある分野でとても力のあるサイトを運営していて、
そこからの広告収入で生計を立てています。

アフィリエイトをする人で、1万円以上稼ぐ人が5%以下、
と言われる中、月に100万円を稼ぐ月もあるというすごい人です。
 

それで、昨日Mさんからこんな相談を受けました。
「アフィリでいろいろ稼いではいるんですが、
 まだまだコンテンツが弱いんです。
 文章がいまいちというか、あまり読ませる文章じゃないんですよね」
というんですね。

それで、実際にMさんの書いた文章を見てみると、
おっしゃる通り、大変失礼ながら、ぜんぜん面白くない文章なんです。
(Mさんは9年の付き合いなので、きっと許してくれるでしょう 笑)

それで、どうすれば読者が「つい引き込まれて読んでしまう」文章になるか
という話をしていました。
 

ここでMさんが、
「もっと詳しいデータを集めてこないとダメなんですかね」
「もっと論理展開のしかたを学ばないといけないと思うんです」
「要点を絞って、わかりやすく書かないと」
という言葉を口にしていたので、「待った」をかけました。

「Mさん、そっちじゃないんですよ。
 僕だったら、この文章にある情報を並べ替えるだけで、
 もっと面白く書けますよ」
と、またしても失礼なことを(笑)

というのも、Mさんが改善しようとしているポイントが
「相手に読ませる文章」からかけ離れているから、だったんですね。
 

Mさんは、「もっと説得力がある、正しい文章」や
「表現が豊かで、教養のある文章」を目指していたんですが、
いい文章を書くときに必要なのは、それではないんです。

論文を書くなら「正しい文章」が重要ですし、
小説を書くなら「表現豊かな文章」の方がいいです。

ですが、Mさんが書いているのは、読者が知りたい情報を届ける文章であり
広告をクリックしてもらうための文章です。
もっというと、「売る」ための文章です。

そこに、本格的な科学データや情緒豊かな文学表現は必要ない、
というか、むしろそういうのは邪魔になります。
 

そうではなく、Mさんがいい文章を書くために身に着けなければいけないのは
【読者との対話】です。

文章、特に広告系の文章やコピーライティングでは、
書いている私たちだけでなく、必ず「読者」が存在します。

そして、その「読者」に、「買う」という行動を取ってもらわなければ
その文章に意味がありません。

なので、読者を意識して書かないといけない。
読者が「理解できる」「納得する」「欲しくなる」ことが
コピーを書く上で必須の条件です。
 

では、どうすれば読者が「納得する」「欲しくなる」のか。

コピーライティングを学ぶだけで数十万円の講座があるくらいですから、
「これだけやっておけばOK」というものはないんですが、
一番重要で、実行しやすいことに、
【Q&A方式で書く】というものがあります。
 

最初に、読者の「疑問」を想定します。
次に、その疑問の「答え」を書きます。
そして、その答えを聞いた読者が次に持つであろう「疑問」を想定し、
今度はその疑問に対する「答え」を書きます。

これを繰り返していくというのが、【Q&A方式】です。
 

たとえば、目にいいルテインのサプリメントを売りたいときは、
「飛蚊症には、どんなサプリが効くの?」という疑問を想定し、
「飛蚊症には、ルテインのサプリがいいですよ」という答えを書く。

そして、その答えを見た読者は、次に
「どうしてルテインがいいの?」という疑問が出てきますので、
「ルテインには抗酸化効果があって、飛蚊症の原因である『活性酸素』を
 抑えてくれるので、飛蚊症に効果が期待できるんです」と答える。

理由がわかった読者は、
「それじゃ、ルテインのサプリはどうやったら買えるの?」と疑問が出るので、
「ルテインのサプリは、ドラッグストアでも買えますし、
 通販でも手に入ります」という答えを用意します。

すると、「どれがどう違っていて、どれを選べばいいの?」となるので、
「サプリの選び方はそれぞれですが、一般に安く手に入るものは
 あまり質がよくないので、おすすめできません。
 目の健康のために、質の高いルテインを含んでいるものがおすすめです。
 目安としては、2〜3000円くらいのものを選ぶといいでしょう」

・・・というふうに文章を展開していきます。
これで、「疑問」の部分を取り除くと、
 

 飛蚊症には、ルテインのサプリがおすすめです。

 ルテインには抗酸化効果があって、飛蚊症の原因である『活性酸素』を
 抑えてくれるので、飛蚊症に効果が期待できるんです。

 ルテインのサプリは、ドラッグストアでも買えますし、
 通販でも手に入ります。

 サプリの選び方はそれぞれですが、一般に安く手に入るものは
 あまり質がよくないので、おすすめできません。
 目の健康のために、質の高いルテインを含んでいるものがおすすめです。
 目安としては、2〜3000円くらいのものを選ぶといいでしょう。

という文章が出来上がります。

もちろん、もっと色々ブラッシュアップできるんですが、
基本の形としてはこれでも十分です。
少なくとも、読んでいて違和感はないはずです。

多くの人が、この「読者の疑問」を想定しないで、
言いたいことを一方的に書くので、読みにくい文章になってしまう。

そうではなくて、読む人の疑問に答える。
読む人が興味のあることをお伝えする。
こっちのほうが、読んでもらいやすくなるというわけなんです。
 

これって、対面の営業でも同じですね。
やはり、コミュニケーションが重要になってくる、ということなんです。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

読む人の疑問に、1つずつ文章で答えていこう

-コーチング, ビジネス

© 2023 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社