人材育成 コーチング ビジネス

採用した人材を長続きさせるためには

Pocket

人材に関する悩みは尽きないものですね。
「せっかく採った人材が、長続きしないで辞めてしまう」
という悩みもよく聞きます。

これについては、2017年に「辞めない社員を育てる」という
セミナーを商工会議所さんでやらせていただいたのですが、
あらためてメルマガでも、少し触れてみようと思います。
[br num="1"]

いきなり厳しいことを言うと、人が辞めてしまうということは、
その社員にとって、会社が魅力的でなかったということになります。

もちろん、そうでない場合もあるにはありますが、
8割以上がそうだと言っていいでしょう。

逆に言うと、社員が長続きするためには、
「社員にとって魅力的な会社にすればいい」
というのが、ざっくりの答えになるわけです。
[br num="1"]

では、「魅力的な会社」にするには、どうすればいいのでしょうか?
[br num="1"]

「魅力的」というのも抽象的で人によって違いますから、
単純な話ではないのですが、原則的なことを言うと、
【社員の欲求を満たす会社】ということができます。

世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズによれば、人間には根源的に
6つの欲求があり、その欲求を満たしてくれる人やモノに対して
魅力を感じるのだ、というのです。

だから、会社が社員の6つの欲求を満たしてあげれば、
社員が会社に魅力を感じ、好きになる。
だから、よほどのことがない限り辞めることがない。

・・・ということになります。
[br num="1"]

では、6つの欲求とはなにかというと、詳しくは拙著に書いてありますので
読んでおいていただければと思うのですが(宣伝)、
簡単に紹介すると、

・安心したい
・冒険したい
・認められたい
・つながりたい
・成長したい
・役に立ちたい

という6つになります。

だから、
・給料や待遇などで心配することがなく、安心できて
・マンネリ化することなく、新しい刺激があって
・自分の尊厳や努力、成果を認めてくれて
・社員同士につながりやチームワーク、一体感があって
・仕事を通して人間的に成長できて
・人の役に立っていると実感できる

という会社にしていけばいいということです。
[br num="1"]

経営者やマネージャーは、社員の欲求を満たし、
仕事に対して意欲を持ってもらえるためにどんな事ができるか、
ということを考えるのが、重要な仕事なんですよね。

ちなみに、何年か前に書いたレポートで
「社員が自分から働くようになるアメとムチの使い方」
というものを公開しています。

こちらのリンクから無料でダウンロードできますので、
お時間のあるときに読んでみてください。
30ページ弱の、短いレポートですので。
https://www.180-0004.com/go/amemuchi-report/

とにかく、社員が「この会社にいると自分の欲求が満たされる」と
実感できる会社を作ること。
これが、「社員から見て魅力を感じる会社」の1つの考え方なのです。

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員の6つの欲求を満たそう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社