人材育成 ビジネス

求人と営業の意外な関係

Pocket

今日は、就職活動コンサルタントの高田晃一さんと
たっぷり情報交換をしてきました。

最近の人事の状況から出版、メディア戦略まで
いろいろな話が飛び出したのですが、
その中で、「求人」についての話がありました。
[br num="1"]

今は学生さんが売り手市場で、どこも採用に苦戦しています。
大手企業でも実は同じで、一部の有名企業を除くと
ほぼどこの会社も、学生の応募が少なくて困っているそうです。
[br num="1"]

そこで、単刀直入に聞いてみました。
「じゃ、採用したいと思ったら、中小企業はどうすればいいの?」

すると、
「ああ、それは簡単ですよ・・・」
と、とてもシンプルで明確な答えが返ってきたんですね。
[br num="1"]

この「求人のための中小企業の戦略」は、実は採用だけでなく、
営業でも同じことがいえます。

求人は、学生に対する営業のようなものなのかもしれません。
[br num="1"]

その戦略とは、
「大学のキャリアセンターに足繁く通う」
というものです。

学生が就職するときに相談するのは、就職課やキャリアセンターです。

そこの職員さんが、「ここに行ってみたら?」と紹介してくれたら
少なくともその学生は、私たちの会社のことを調べますし、
それでいいと思えば応募してきます。

そうやって学生さんに紹介してもらうために、
キャリアセンターの人に好印象を持ってもらう。

こうやって、相手に覚えてもらうのだ、というのです。
[br num="1"]

私、これを聞いて「なるほど!」と唸ってしまいました。
それと同時に、営業の原則はどこにでも通用するのだと実感しました。

いかに相手に覚えてもらうか。いかにいい印象を持ってもらうか。
これが、すべての基本になるということなのですね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

大学の就職課に営業しにいこう

Pocket

-人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社