人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

社員が育たないとき、やらせていない「あること」とは

Pocket

経営者の方とお話すると、かなり高い割合で言われるのが、
「人が育たない」というお悩み。

たしかに、中小企業だと、大手のように
何ヶ月も新人研修をやるわけにもいかず、
最低限の教育だけで、あとは現場で学んでもらうしかない、
なんてこともあります。

人を育てているようなお金も時間も、余裕がないというのが正直なところ。
[br num="1"]

なので、大手のような育て方はできませんが、
実はそのような研修以外に、仕事中に部下を成長させる
シンプルな方法があるんです。

この方法は、上司・社長の覚悟さえあれば、
それほど大きなコストをかけずに、部下を飛躍的に成長させます。

逆に言うと、覚悟がないと、どれだけお金があってもできません。
[br num="1"]

その方法とは、
【部下に、積極的に失敗させる】
ということ。
[br num="1"]

人は、座学でお勉強しても、成長しません。
知識は増えますが、社会人としてのスキルや考え方、
トラブルの対応などは、やはり経験するしかない。

この「経験」こそが、人材を育てる肝になるのですが、
人が大きく育つ経験とは、失敗なのです。
[br num="1"]

これは、多くの人が「わかっている」ことではあります。
ですが、実際に部下に「失敗してもいいよ」と言っている人は
ごく一部、というのが現実。

上司としても、部下が失敗すると、自分の責任になりますから、
明らかに失敗しそうなことはさせない傾向がありますし、
部下が失敗すると、その失敗を責めることも多いです。

これでは、部下も失敗しにくいですから、
なるべく失敗しないように、「無難な」仕事をするようになります。

それでいて、上司は「ウチの部下は積極性がない」などと言うんですが、
当然といえば当然の結果です。
[br num="1"]

人材を育てたいと思ったら、どんどん失敗させる。
「失敗しても、俺が責任を取るから、どんどんやれ」
と言えるのが、人を育てるのが上手な上司です。

私の従兄弟はある商社の課長職で、
「俺なんて、謝るのが仕事みたいなもんだよ」
と言っていましたが、部下の失敗を謝るのが上司の仕事です。
[br num="1"]

怠けていたり、向上する気持ちがないことは叱ってもいいですが、
前向きに取り組んだ結果の失敗は、咎めないこと。

これが、部下が育つ環境づくりのポイントなのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

部下の失敗を、喜ぼう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社