コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

集客で一番伝えるべきものは何か

Pocket

昨日、クライアントのYさんから相談のメールがきました。

「自分が提供するサービスは、2万円の価値があると思って
 自信を持ってやっているんですけど、
 見込客に聞いたら、5000円くらいだと言われたんです」
ということでした。

それで、値下げをした方がいいのか、どうなのか、
わからなくなってしまったんだそうで。
[br num="1"]

こういうとき、取るべき手段は一つではありません。
値段を下げるべきでもあるし、下げないべきでもあります。

「契約を取る」ことを重視するなら、5000円で
その見込客をクローズすればいいのかもしれませんが、
Yさんは、そうはしたくないとのこと。

そして、実際Yさんのサービスは、2万円を提示しても
おかしくないくらいの品質を持っています。
[br num="1"]

そういうときは、そもそも狙う市場を変えなければいけません。

Yさんのサービスは形のないものですから、
顧客が感じる価値もさまざまです。

同じサービスでも、それに高い価値を感じる人もいれば
ぜんぜん価値を感じない人もいる。

たとえば私などは、メイドカフェで何千円も出す気持ちはわかりませんが、
好きな人にとっては、メイドさんと一緒に写真を撮ることが
数千円を払っても惜しくないくらい価値のあることなわけです。
[br num="1"]

で。
Yさんに聞くと、
「本気で自分の未来を良くしたい人に提供したい」と言いました。

そうすると、本気の人を見込み客にしなければいけないし、
本気の人が興味をもつようなメッセージを発信する必要があります。

すると、相応の熱量というか、情熱というか、
こちらの本気度を伝えないと、相手は反応しないんですよね。
[br num="1"]

以前のYさんは、
「ちょっと試してみませんか?」「お気軽にどうぞ」
という感じで集客していました。

なので、「お気軽に」「ちょっと試しに」来た人に
セールスをすることになります。

ですから、「2万円はちょっと・・・」
「5000円なら・・・」という反応になるわけですね。
[br num="1"]

チラシにしても、SNSにしても、お客さまに伝わるのは
こちらの本気度や情熱です。

こちらが本気で発信している情報には、本気の人が反応します。

これは、私のようなコーチはもちろん、サービスを提供する士業の方も、
ものづくりをしている会社さんも、皆同じです。
自分の仕事への情熱が、そのまま伝わります。

ぜひ、ご自身の、社員さんの、情熱を伝えてみてください。
反応が変わってきます。
[br num="1"]

私も、Yさんとの対話の中で、自分の熱量が最近甘かったと反省しました。
これから、また熱量を上げてお届けしていこうと思います。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

本気の情熱を、伝えよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社