ブログ 人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

人が目標を達成できない、究極の理由

Pocket

私、コーチングを始めてもう12年が経ってしまいました。
その間、相談を受けた件数は1万を軽く超えていると思います。
(いちいち数えていませんが、少なくともこれくらいはやってます)

その中で、目標を達成できない人も多くいました。
特に、単発でのみコーチングを受けた方や
無料コーチングのときだけ受ける方などは、そういう傾向が多いです。
[br num="1"]

で、コーチングを継続して契約しろという話ではありません。
今日は、目標を達成できない人に共通して見られる
思考と行動のパターンについてご紹介しておこうかと。

達成できない理由、行動できない事情などは、人によって無数にありますが、
どんな事情、どんな環境にあっても、達成する人は達成します。
逆に、どんなに恵まれた環境にいても、達成しない人は達成できません。

では、達成する人としない人を分ける違いとは何か。
それは、
[br num="1"]

【達成できない理由を創る能力】です。
[br num="1"]

行動しない人、変わらない人、目標を達成できない人、夢を叶えない人は、
決まって「できない理由」を言います。

「今の私の実力では無理なので、もう少し経験を積んでから…」
「私の業界は特殊なので、そういうことはできないんです…」
「ちょうど今、家庭の事情があって動けないので…」

挙げ始めればきりがありません。
とにかく「行動できない事情」を見つけ出すことが天才的に上手です。

この「事情」をクリアする方法を教えても、9割以上の人は
新たな「行動できない事情」を見つけ出し、現状にとどまります。
どれだけ行動できる方法を教えても、動きません。
[br num="1"]

なぜ、解決策を教えても行動しないのか。
それは、「現状にとどまっているほうがラクだから」です。

変わるのには、やはりエネルギーが要ります。
良くなろうと思ったら、努力も必要です。
下手すると、今までの自分を否定することにもなります。

その痛みを避けるために、「自分は特別だから、変わらなくても仕方ない」
という理由を全力で探してくるんです。
本心は「変わりたくない」なので、何を教えてもムダです。

それで、「自分だけは変わらなくてもいい」理由を延々とプレゼンし、
「そうか、それじゃ仕方ないね」と言ってもらうのを待っているんです。

当然、「仕方ないね」と言ってもらっても、何も変わりません。
そうやって、表面的な安心感でごまかしているうちに、
時間ばかりが過ぎていき、状況がどんどん悪くなるわけですね。
[br num="1"]

もちろん、機を待つというのも重要です。
勢いに任せて「今すぐやるんだ!」というのが全て正しいわけではありません。

ですが、本当に目標達成のために機を待つなら、その「機」を伺いながら
そのチャンスを最大に活かすための準備をするはずです。

「今はそのタイミングではないので、それに備えて○○をしておきます」
というのが、達成する人の考え方です。
決して、「できない理由」に意識を向けていないのです。
[br num="1"]

人が変わらない、目標達成ができない、究極の理由。
それは、「本人が変わりたいと思っていない」ということです。

これを変えようと思うと、けっこうな技量が必要なわけで、
私たちプロは、この根本の感情を変えていくのが仕事なんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

「変わる」という覚悟をしよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社