ブログ 人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

新しい年を「飛躍の年」にできる人、できない人

Pocket

Facebook何かを見ていてもそうですし、新年の抱負を聞いても、
「今年は飛躍の年にします!」という言葉をよく聞きます。

たしかに、新年に気分を一新して、気合を入れて
今まで以上にいい結果を出し、飛躍的な成長を遂げたい
というのは、誰でも思うことですよね。
[br num="1"]

それで、決意を新たに頑張るわけですが、新しい一年を
「飛躍の年」にできる人と、そうでない人がいます。

「そうでない人」は、毎年「今年は飛躍の年にします!」と言っています(笑)

さて、本当に「飛躍の年」にする人と、毎年同じことを言っている人、
どんなところに違いがあるのでしょうか?
[br num="1"]

もちろん、その原因は一つではないのですが、
コーチ的視点から見て、大きな違いがあります。

一年を飛躍の年にできない人は、ある要素が欠けているんです。
[br num="1"]

それは、【選択基準を変える】ということです。
[br num="1"]

「飛躍する」ということは、今までのレベルでは考えられないくらい
大きな変化をするということでしょう。

それだけの大きな変化を起こしたいと思っているにも関わらず、
何かを選ぶときには、今までと同じ選択をする。
今までと変わらない行動をする。今までと同じパターンで考える。

それで、今までよりはるかにすごい結果を出そうとするんです。

「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること」
なんて言葉がありますが、まさに「クレイジー」ですね(笑)
まあ、これはなかなか気づかないことでもあるんですが。
[br num="1"]

そういうわけですから、「飛躍の年」にしようと思ったら、
「今までとは違う答えを選ぶ」ということが必須です。

今までは安全を重視していたなら、今年は少し危ないことをしてみる。
今までは自分ひとりでやっていたなら、今年は人の力を借りてみる。
今まではお金をかけずにやっていたなら、今年はお金をかけてみる。
今まではリスクを避けていたなら、今年はチャレンジしてみる。
今までは知識を重視していたなら、今年はそれを使うことを意識してみる。

そういう「選択基準の変化」を起こす必要があります。
[br num="1"]

ただ、そういう「今までやってこなかったこと」をやろうと思ったら、
ほとんどの人は「恐れ」を感じるようになります。

逆に言うと、恐れを感じることができる人は、大きな挑戦をしている
ということができるかもしれません。
(恐れを感じないなら、それはレベルが低すぎるかもしれません)

その恐れを超えた先にこそ、今までになかった「飛躍の年」がある。
「この一年を飛躍の年にしたい」という方は、
それくらいの挑戦をしてみると良いでしょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

今までやらなかった「選択基準」を試してみよう

Pocket

-ブログ, 人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社