ブログ 人材育成 ビジネス

33年続くラーメン店の、攻めの接客

Pocket

東京出張の最終日、特に予定もなかったので、
久しぶりに秋葉原にやってきました。

私、オタク系なのと、学生の頃秋葉原で販売員をしていたので、
この街がけっこう好きなんです。

今回は妻に「iPhoneの充電ケーブルを買ってきて」と言われたので
安いケーブルの入手が主目的です。
[br num="1"]

さて、秋葉原には有名な「九州じゃんがららあめん」という
九州ラーメンの店があります。
秋葉原好きの人なら、一度はここで食べたことがあるのではないでしょうか。

久しぶりなので、今日はじゃんがらでランチにしたんです。
[br num="1"]

すると、ここの店員さんがすごい。

最近秋葉原に増えている外国人のお客さんがくると、
「サンキューベリーマッチ、ディスイズメニュー」
「ウォーター、プリーズ」
と、カタカナ英語で自然に接客してるんです。

カタカナ英語ということは、英語の得意な人ではないでしょう。
実際、とても簡単な言葉でしか話していません。

ですが、とても自然にやっているし、なにより
普通の日本人だと敬遠してしまいそうな外国人に
必要以上に話しかけて、ドリンクの売り込みをするんですね。

私、一人で海外に行ったこともありますが、
店の人が「飲み物は必要ないかい?」と気にかけてくれると
異国の地では、それだけで安心するものです。

そのときは「No, ダイジョブ!」だったけど、
何人かに一人は、ドリンクを頼むのではないかと思います。
[br num="1"]

そしてさらに、とても忙しいランチタイムに、
ひっきりなしにたくさんのお客さんが来る店で、

「あ、久しぶりですね!」
「毎度どうも、ありがとうございます」
と、よく来るお客さんの顔を覚えていて、話しかけているんです。

これが、常連客ばかりの店ならわかりますが、
新規客が大量に来店する有名店でやるというのがすごい。

普段からお客さんに対して積極的に接して、
コミュニケーションを取ろうとしていないと、なかなかできません。

このやり取りを見ていて、
「なるほど、さすがじゃんがらだ!」と思ってたんです。
[br num="1"]

そして、お会計を済ませて店を出ると、
さっきの店員さんが店の外まで出てきて、
「ありがとうございました。
 もしよかったら、明日もぜひ来てください。
 明日はお店の誕生日で、替え玉が無料なんです!」
と、常連でもない私に話しかけてきたんですね。

まず、ラーメン屋さんに「明日も来てください」って、
けっこうなラーメン好きでないと言いません(笑)
(私はラーメン好きですが)

常連でもない人にも「明日も来てくださいね」「替え玉無料でお得です」と
店の外まで追いかけてくる。
この「攻め」の姿勢に、感心してしまいました。
[br num="1"]

これからは「絆」の時代。
お客さんとの「絆」を作っていく姿勢こそが、
長く続く経営の根幹なのだと実感した、アキバの昼だったのでした。

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

こちらからお客さんに、積極的に関わろう

Pocket

-ブログ, 人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社