能力開発・自己革新

できないことに見切りをつける

Pocket

私、富山県在住で、毎月東京に出張しています。

新幹線のおかげで、日帰りもできるくらいに東京が近いのですが、
それでもやはり、都内に住んでいた頃と比べると
東京での仕事をする時間は少なくなっています(当たり前か・・・
[br num="1"]

なので、地方在住でも、日本全国どこでも仕事ができるように、
インターネットを使った仕事のやり方に切り替えよう、と思い
その仕組みを模索しながら作っているんですが、
これがまた、すっごく難しいんですよね。

お会いして信頼関係を作って、仲良くなって・・・
という通常の対面営業のセオリーとは違っていて、

キャッチコピーを書いたり、興味を引く文章を書いたり、
またそれを引き立たせるデザインを考えたりと、
今まで使っていなかったノウハウが必要になってくるんです。

私はネットビジネス業界にも少し関わっていたので、
全く知らないわけではありませんが、
それでも、ネットを専門にやって来た人には遠く及ばない。

教材を見ても、「できなくはないけど、大変だな」という印象で、
やはりネットは甘くないと思っているところです。
[br num="1"]

で、こういうとき、以前の私なら
「よし、それじゃ、毎日頑張って実践するぞ」とか
「このノウハウを身につけて、仕組みを構築するぞ」とか
「ここで努力しないと、いつまでもできないぞ」とか
なんとかして乗り越えようとしていたんですが、

最近は、こう思うようになりました。
「これを一から学んで、プロのレベルになるのは無理だ」
「ネットの勉強に時間を取られて、コーチングのレベルを下げたら意味がない」

そして、
「できる人と組んで、質の高いものを作ってもらった方がいい」
という結論に至ったんですね。
[br num="1"]

特に小規模事業の方に多いのですが、経営資源が限られるせいか、
専門外のことも全部自分でやろうとする人がいます。

もちろん、幅広いスキルアップをすることで、人として成長するので
それを否定するものではないのですが、
自分の得意でないところに力を入れるのは、得策ではありません。

『ドラゴンクエスト』でいうと、魔法使いが伝説の剣を使って
敵と戦おうとするようなものです。

そうではなく、自分の得意なところに集中して、
伝説の呪文を身につけるほうが、はるかに戦力としては強いわけです。
[br num="1"]

初めからなんの努力もせずに怠けるのは良くないですが、
苦手な分野で中途半端なスキルを身につけることに
時間や労力、お金をかけるのではなく、

できないことには見切りをつけて、強みに集中する。
苦手なことは、人の力を借りるなり、ITを使うなりして、
自分の手を離すというのが、重要なポイントになるんです。
[br num="1"]

※あ、けど、ネット戦略の中で、自分のできることはしっかりやりますよ。
 丸投げするのもまた、良くないですから。。。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

できないことは受け入れて、強みに集中しよう

Pocket

-能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社