ブログ ビジネス

どうしてチラシをまいても反応がないのか

Pocket

小さな会社で、店舗型のビジネスだったりすると、
チラシというのは、古くからあるけど、とても有効な広告手法です。

うちのクライアントさんの中でも、チラシを使って集客しているところは
たくさんあったりしますしね。
[br num="1"]

で、チラシの話をすると、よく聞くのが
「チラシをまいても反応がないんです」
という話です。

これはDMなんかでも同じ悩みを聞くことが多い。

かたやチラシでじゃんじゃん集客していて、かたや反応がないと悩んでいる。
この違いは何なんでしょうか?
[br num="1"]

当然これにはいろいろな要因が絡んできます。
ターゲットの選定、配布地域の選定、コピーライティングの質、
配布の方法、時間帯、オファーの強さ、自社の知名度・・・

ですが、それ以前の最もシンプルなポイントで
反応が得られない人が多くいます。
[br num="1"]

そのポイントというのは、
「1回しかチラシを撒いていない」ということ。
[br num="1"]

自分のことを省みるとわかるのですが、多くの家では
毎日たくさんのチラシがポストに入ります。

今、富山に来てからはあまりないですが、私も東京にいた頃は
ポストのチラシを捨てるのが日課になっていたほどです。

新聞に折り込んだとしても、折込チラシのほうが
新聞より重いんじゃないかというくらい入っている日もあります。

そんな中で、1枚の小さな会社のチラシが入っていても、
見落とされることが多いのは、普通のことではないでしょうか。
[br num="1"]

友人がFacebookに書いていたんですが、
「Facebookでセミナーの告知をしても集客できないのは、
 1回しか書いてないからだよ。
 Facebookはどんどん流れちゃうから、何度もしつこく告知しよう」
というのです。

これはチラシでも同じことだったりします。

同じ地域に、何回かチラシを撒いてみる。
同じリストに、何度もDMを出してみる。
その中で、偶然目に止まったときに、反応してくれる可能性があるんです。
[br num="1"]

海外から日本に帰ってくると思うのですが、
日本(特に東京などの都市部)はとても情報量が多いです。
目に飛び込んでくる広告の量が半端じゃない。

それだけ広告が溢れまくっているわけですから、
埋もれてしまわないようにしなきゃいけません。

少しでも目に止まる回数を増やすために、1度だけでなく
何度もまいてみる。
簡単なことですが、やっていない人のほうが多いですね。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

見込み客には、何度もめげずにアプローチしよう

Pocket

-ブログ, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社