コーチング 能力開発・自己革新

セミナーを受講したら、やるべきこと

Pocket

先日、三鷹商工会さんでセミナーにお呼びいただき、
2時間ほど、仕事に役立つコーチングの話をしてきました。

商工会に入っている地元の会社の皆さんが集まってくださって、
真剣ながらも楽しい雰囲気で、良いセミナーができたのですが、
その中に、Iさんという店舗経営をしている方がいました。
[br num="1"]

Iさんは地元で何十年もお店をやってきた方で、
あとで聞くと、「人数合わせだろ? いいよ、行ってやるよ」
という動機で参加されていたそうで。
(そういう理由で参加する方、実はけっこう多いんです)

私としても、セミナーをきっかけに、何かの参考になってくれれば
それで十分かな、と思いながらやっているところがありますので、
あまり気負わずにお話させていただいたんです。
[br num="1"]

それで、その翌日。
Iさんの息子さんからメールが届きました。

「中城さん、うちの父が、昨日学んだことを実践して
 近隣のトラブルを丸く収めてしまいました」
[br num="1"]

私、ちょっとびっくりしました。

Iさんはかなりご年配の方で、「コーチング」なんてものは
今までに触れたこともなく、ちょっと馴染みにくいかな、と
少し心配していたんです。

それが、セミナーを受けた翌日に、いきなり実行して
ご近所さんとのトラブルを解決してしまったというんですから。
[br num="1"]

それで、そのさらに翌日に、Iさんのお店に行ってみると、
「中城さん、ごめんなさいね。
 セミナーで聞いたこと、ほとんど覚えていなくて、
 1つだけしかおぼえてないんですよ。

 それで、1つ覚えてたから、使ってみたらね、
 今までずーっと気になってたトラブルが、嘘みたいに解決しちゃってね。
 いやぁ、人の心って、おもしろいですねぇ」

と、1時間くらい、ずっと上機嫌でしゃべってくれたんです。
[br num="1"]

私は、Iさんに「セミナーを受ける極意」を見ました。

常日頃から言っていることではあるのですが、大人になってからの勉強は
学生の勉強とは違って、習ったことを覚えているかどうかは
さして重要ではありません。

セミナーの内容を100%覚えていたとしても、
それが実生活で活かせなければ、学んでいないのと同じです。

逆に、2時間学んで、1つのことしか覚えていなかったとしても、
それを忘れる前に実際にやってみるほうが、ずっといい。
[br num="1"]

セミナーでも本でもコンサルティングでも、ぜんぶ一緒です。
「学んだことを、上手・下手は別にして、試してみる」
というのが、大人の学習では最も重要なのです。

Iさんの学習姿勢を見習って、私もアウトプットをもっと意識して
実行するスピードを上げていこうと思いました。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

学んだら、次の日にさっそく使ってみよう

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社