コーチング 能力開発・自己革新

憂鬱な感情を吹き飛ばす1分間テクニック

Pocket

人間誰でも、嫌な気分になったり焦ったり不安を感じたりと、
ネガティブな感情を感じることはあります。
モチベーションが上がらなくてかったるいなんてこともありますよね。

そんなときの対応として、いろんな方法が世の中に出ていますが、
1分かからず、あっという間にできる方法をご紹介します。

これ、私もよくコーチングで使っていて、
簡単な割に効果が大きいので、お勧めの技術です。
[br num="1"]

その方法とは、
【今のネガティブな気持ちを、ポジティブに言う】
というものです。

たとえば、仕事がかったるいときに、
「あー、かったるいなぁ」と、普通に言うと、
ますますかったるくなりますが、

「空前絶後のォォォォ!! 超絶怒涛のかったるい仕事ォ!! 
 イェーーーーーーーー! ジャスティス!!!!」

とやると、かったるさが何処かへ吹き飛んでしまいます(笑)

[br num="1"]

この方法のすごいところは、一度やってしまうと
かったるさが戻ってこないことです。

脳の回路が壊れて、感情を感じるのが難しくなっているので、
「かったるい」という感覚が、文字通り消えてしまうんです。
[br num="1"]

私たちの感情は、「体の状態」「意識の方向」「使う言葉」の
3つの要素でできています。

なので、「かったるい」という言葉を口にするだけで
脳は「かったるい」という感情を作り出してしまいます。

また、かったるそうな姿勢や声の調子をしていると、
脳はまた、「かったるい」感情を作ります。
[br num="1"]

逆に、「気合が入ってる」ような体の使い方をすると
本当に気合の入った感情になってしまう。

だから、行き詰まったときに体を動かすといいと言われるんですね。
[br num="1"]

そして、ここからがすごいところなんですが、
「気合が入った」という体の状態と
「かったるい」という言葉を、同時に使うんです。

すると、脳は
「体は気合が入っている」「言葉はかったるい」という
2つの相反する感情を作る羽目になってしまいます。

ところが、脳もさすがに、ポジティブとネガティブの両方を
同時に感じることはできません。

結果、「わけが分からず、混乱する」という答えを出してしまいます。
[br num="1"]

混乱する=ニュートラル・プラスマイナスゼロです。
今までネガティブだったものが、ゼロになります。

こうやって、感情をリセットするんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

ポジティブな体の使い方で、ネガティブ感情を吹き飛ばそう
[br num="1"]

Pocket

-コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社