人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

「どうすればいいか」と聞くとうまくいかない理由

Pocket

昨日はジムでエアロバイクを漕ぎながら
アンソニー・ロビンズの教材を聞いていました。
体を動かしながら勉強するのって、とてもいいですね。

その中で、とても役立つ話があったので
今日はそれをご紹介したいと思います。
[br num="1"]

さて、私がセミナーやコーチングで関わらせていただくときも、
友人のコンサルタントが相談にのるときも、
よくある相談が「○○するにはどうしたらいいですか?」
というものです。

社員が自分から動くようになるにはどうしたらいいか?
今の状況で売上を伸ばすにはどうしたらいいか?
やる気を出すにはどうしたらいいか?

ちょっと前にメルマガでご紹介した
「どうして社員は自分から動かないんだ?」という質問よりは
ずいぶん前向きなので、悪い質問ではないんですが、
この質問を普段からしていると、うまくいくのが難しくなります。
[br num="1"]

アンソニー・ロビンズの教材で言っていたのは、
「何を得るか、ということは、あなたを幸せにしない。
 どんな人になるか、ということこそが、あなたを幸せにするのだ」
ということです。

どんな行動を取るかではなく、どんなものを得るかでもなく、
「自分がどんな人になるか」「自社がどんな会社になるか」のほうが
はるかに強い力を持っているということなんです。

というのも、私たちの得る結果は、行動によって決まります。
そして、私たちは自分にとって「当たり前」の行動しか
取ることができません。

もちろん、一時的に頑張って行動の質や量を上げることはできますが、
それは長持ちしないので、すぐに元のレベルに戻ります。

中・長期的に見た場合、自分にとって当たり前の行動しかできないので、
そのレベルに見合った結果が得られるようになるわけです。
[br num="1"]

そして、この「当たり前のレベル」は、
その人が「どんな人か」によって変わってくるわけです。

池田貴将さんのCDの中で、
「普通の営業マンが電話する件数は1日に50件、
 トップ営業マンが電話する件数は1日に250件。
 これだけ基準が違ったら、結果はどんどん開いていくわけです」
というような話がありました。

つまり、「自分がどんなレベルの人になり、何を当たり前とするか」によって
結果が大きく変わってくる。
[br num="1"]

だったら、「どうしたらいいか」ではなく、
「どんな人になったらいいか」とか「どんな基準を持てばいいか」とか
そっちの質問をすべきだということです。

「私はトップ営業マンなんだから、250件くらい電話するよね」
「私はプロコーチなんだから、1時間くらい相手の話を聞けるよね」
「私は一流の経営者なんだから、社員が働きやすい会社を作るよね」

こういう、一流の基準を常に持つように心がけることです。
[br num="1"]

では、どうやってその基準を身につけるかということですが、
長くなってきたので、また別の機会にご紹介しようと思います。

けど、とても簡単なことで、基準は上がってしまうんですよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「どんな人になるか」に意識を向けよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社