コーチング ビジネス

「やること」に振り回されないRPM思考法

Pocket

現代のビジネスマンは、みんな忙しいです。
目の前に「やるべきこと」が山積みになっていて、
それを一つずつ片付けることにいっぱいになっている。

ですから、「TODO管理」「タスク管理」というのは
ビジネスマンが興味を持って勉強している人気ジャンルです。
[br num="1"]

ところが、恐ろしいことに、「TODO」や「タスク」というのは
永遠に無くなることがないと言われています。

手帳のTODOリストを全部片付ける頃には、新しいTODOが生まれ、
またそれを片付けることに精一杯になってしまう。
多くの人にとって、仕事はコレの繰り返しになってしまっています。
[br num="1"]

それで成果が出ればいいんですが、意外と
「忙しい割に、成果が出ない」という人が多いのも事実。

実は、目の前のことに振り回されていると、
「急ぎではないけど、重要なこと」に手を付けられないので、
成果が出にくいというのが本当のところなのです。
[br num="1"]

では、どうすればいいのか。
[br num="1"]

私の師匠、アンソニー・ロビンズが教えている、
RPMというメソッドがあります。
これは、私のコーチングの基本形にもなっています。

RPMとは、Result(結果)、Purpose(目的)MAP(行動計画)
の3つの頭文字を取ったものです。

・どんな結果を出したいのかを明確にし、
・その結果を求める理由・目的を認識し、
・そのための大量の行動を計画する

というもので、とても専門的になってしまうのですが、
ここでは一つだけ、重要なことをお伝えします。
[br num="1"]

それは、
【どんな結果が欲しいのか】に集中する
ということです。
[br num="1"]

私たちが本来やるべきなのは、「結果を出す」ことのはずです。
「タスクをこなす」のは、そのための手段ですから、
同じ結果が得られるなら、必ずしもTODOを全部やらなくてもいいわけです。

「何をするのか」ではなく、「どうなりたいか」。
こちらに意識を変えると、思考が「手段」ではなく「結果」に変わります。

そして、結果のために重要なことに意識が向き、
結果のために重要でないことは、やらなくなる。

こうすると、「やらなきゃいけない」ことに振り回されるのではなく、
「目標達成のために重要なこと」に集中できるわけです。
[br num="1"]

★やる気のある人材を育成するコーチングスキルのポイント

「欲しい結果」を明確にしよう

Pocket

-コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社