コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

「人脈」が作れない人の特徴

Pocket

「人脈」という言葉があります。
成功するには人脈が必須ですし、お金を生むのも人脈。
金銭的な成功以外にも、やはり人脈は重要です。

私自身、とても優良な人脈に救っていただいたこともありますし、
今でも魅力的な人とつながっています。

反面、なかなかいい人脈ができていかない人もいます。
こういう人は、いつまでも人に恵まれません。
[br num="1"]

さて、この「人脈」の差は、どこから現れるのでしょうか?
[br num="1"]

これにはたくさんの要因がありますが、とても重要な要素として
「人脈」という言葉への「ビリーフ」があります。

「ビリーフ」というのは、まあ「考え方」と思ってください。
つまり、「人脈」という言葉をどう捉えてどう考えているか、
ということが、重要なポイントだということです。
[br num="1"]

たとえば、「人脈」というと眉をひそめる人がいます。
彼らが言うには、
「人脈なんて、そんな打算的な人間関係を作ったって
 うまくいくわけがない」
というんですね。

私も、打算的な人間関係というのは好きではありませんし、
そんなものをいくら作っても、手間ばかりかかってめんどくさいですから
そういう人間関係を増やそうとは思いません。

彼らの「人脈」という言葉の捉え方は、
「人脈とは、打算的な人間関係のことだ」
というものなんですね。

だから、人脈を作るということに肯定的ではない。
[br num="1"]

ちなみに、異業種交流会などでガンガン名刺交換しに来て、ろくに会話もせず
名刺だけを大量に集めて、すぐに翌日「情報交換しましょう」と
電話してくる売れない営業マンにとっては、

「人脈とは、売り込む先のことだ」
「人脈とは、持っている名刺の数だ」
という「ビリーフ」があるようですね。

なので、「有名な○○さんと名刺交換しました!」と
得意顔でアピールしてきます。

「へー。それで?」と思いつつ、黙ってニコニコしてますが(笑)
[br num="1"]

私の知る限り、うまくいっている人や人に恵まれる人のビリーフは
「人脈とは、損得を考えずに付き合える人のこと」
「人脈とは、互いを思いやれる人とのつながり」
というようなものであることが多いです。

そこに損得勘定がなく、「ご縁」とか「絆」という言葉で
表現する人が多いですね。
[br num="1"]

アンソニー・ロビンズが教える
人間関係の3つのレベルというものがあります。
彼によると、人間関係の質は、3つの段階に分かれています。

レベル1:人間関係は「for me」(自分のためのもの)
レベル2:人間関係は「trade」(ギブ&テイクの取引)
レベル3:人間関係は「for you」(相手を思うもの)

人に恵まれる人、うまくいっている人は、
このレベル3の考え方で人に接している人が多く、

レベル3の考え方を持っていると、レベル3の人同士でつながりますから、
非常に「いい人たち」の繋がりができていきます。
[br num="1"]

「人脈」という言葉の捉え方ひとつで、周りの人の質が変わります。
そして、いわゆる「いい人」に囲まれていると、いい結果が出てきます。

人間関係についての「ビリーフ」を見直してみましょう。
あなたの人間関係のレベルは、いくつだったでしょうか?
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「Give & Take」から「Give & Receive」に進化しよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社