ビジネス

「仕組み化」をするときに、最初にすべきこと

Pocket

よく、コンサルタントの人たちが
「ビジネスを仕組み化することを考えましょう」
というようなことを言っています。

仕組み化を図ることで、人によって違うやり方をすることもなくなり、
半自動的に売上が上がる、ということも可能ですし、
社長の意思決定の回数も減りますから、どんどん仕事が回るようになります。

なので、仕組み化は私もした方がいいと思います。
[br num="1"]

では、「どうやって」仕組み化するのか。

この詳細については、専門家のコンサルの先生におまかせするとして、
コンサルに依頼する以前の話をしようかと。

これは、私がプログラムを作るときに
いつも考えていたことです。

プログラムも、コンピュータを使った仕組みなので、
ビジネスの仕組み化とは大きく関係があるんです。
[br num="1"]

さて、私がプログラムを書くとき、最初にしたことは、
【出力の仕様確認】と【入力の仕様確認】です。

つまり、「プログラムを使って何を作りたいのか」。
どんな画面を表示したいのか、どんな帳票を作るのか、
どこに何を表示するのか、ということを確認します。

そして、「何のデータが入力されるのか」。
名前なのか、給料の額なのか、身長や体重のデータなのか、
何を使うことができるのかを確認します。

そして、「入力データ」に対していろいろな処理をして
「出力データ」を作るわけです。
[br num="1"]

これをビジネスの仕組み化に置き換えるならば、
「仕組み化して、会社をどんな状態にしたいのか」
「今会社がどんな状況で、何を使うことができるのか」
ということになりますね。

特に大切なのが、現状把握です。

今はどんな手順で手続をしているのか、それが分かる人はどれくらいいるのか、
拠点がどこにあって、どうやって連携しているのか、
そこを把握していないと、仕組み化はできません。
[br num="1"]

なので、何かを仕組み化するときは、まず現状を確認するわけです。
意外と、自社の現状をわかっていない人って、多いです。

ちなみに、この「現状確認」をするだけで、
「ムリ・ムダ・ムラ」に気づいて、業務が改善した
なんて事例は枚挙にいとまがありません。
[br num="1"]

すごく基本的なことですが、「現状どうなっているのか」は
とても重要な情報ですので、定期的に確認するようにしましょうね。

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

まずは現状を把握しよう

Pocket

-ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社