人材育成 コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

こちらの厳しい指導を真摯に受け取ってもらえる指導法

Pocket

私は相変わらず、「ドS」やら「エグる」やら「鬼」やら
大変な言われようをしているコーチなんですが、
どうしてそんなコーチングで成り立っているのかをお話します。
[br num="1"]

といっても、別に難しいことではありません。

なぜなら、私は「厳しい人だ」という印象を既に持たれているので、
厳しくしても「イメージ通り」と思われるだけで、
厳しさを求めている人だけが来てくれているから、なんですよね。

私はその場だけ気分が良くなって、現実が変わらないコーチングは
良いと思っていないので、結果のために厳しいことも言います。
そして、それを総表現しているので、他人からもそう思われます。

この、「自分が表現する自分」と「人から見られる自分」が一致していると、
とても楽に振る舞うことができるわけです。

これを、他人の目を気にして、悪く思われないように自分を抑えていると、
抑えている間は自分が苦しく、素で振る舞うと相手が驚いてしまう。
なので、常に素でいられるのが一番いいですね。
[br num="1"]

そして、それだけではなく、私が厳しいコーチングをするときに
常にやっていることがあります。

これのおかげで、相手は心折れることなく、厳しいコーチングを
受け入れて、自分を高めていってくれるんです。
[br num="1"]

それは、
【厳しくする何倍も、承認する】
ということです。
[br num="1"]

相手が自分の力で起こした進歩は、どんなに小さいものであっても
相手と一緒に喜びます。

相手がその人自身のことを低く評価していたら、
そんなことはない、あなたは素晴らしいと、
素晴らしい証拠を3つ4つ提示してあげます。

相手が迷っていても、「きっと自分の力で解決できる」と
信じた上で、自分の力で解決するまで待っています。

クライアントのことを、本人よりもずっと信じているのです。
[br num="1"]

この基本姿勢があるので、相手がぬるいことを言ったりやったりしていると、
「それはあなたがするべきレベルのことじゃないよ」という気持ちで
厳しい質問やフィードバックをするのです。

厳しさの裏に「あなたを信じている」という姿勢があるからこそ、
その厳しさに耐えて、自分と向き合ってくれるのです。
[br num="1"]

そういう「相手への信頼」を持つことも伝えることもなく
ただ相手の痛いところを指摘して、檄を飛ばすだけでは
すぐに相手の信頼が尽きて、心を閉ざしてしまいます。

普段からの、相手への承認と信頼があればこそ、
ここぞというときに厳しさが効果を発揮してくれるのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

厳しくする何倍も、相手を認めよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社