ビジネス 能力開発・自己革新

ないよりは、あったほうがいい?

Pocket

先日、クライアントのMさんとビジネスについて話していました。

Mさんは最近だいぶ忙しくなってしまって、
仕事をするのに時間のやりくりが難しく、
どうやって効率的に進めようかというのがテーマでした。

Mさんが取り組んでいる仕事についていろいろと聞いていると、
「画像の加工処理が大変で、時間がかかるんですよ」と言うんです。

私、Mさんの仕事については多少の知識があったので、
「画像の加工処理って、そんなに重要な仕事だったっけ?」
という疑問がわいてきたんです。

そこで、Mさんに、そのまま質問してみました。
「Mさん、画像って、そんなに重要度高いんですか?」
[br num="1"]

するとMさん、
「まあ、そこまで必須ってわけじゃないけど、
 画像はないよりはあったほうがいいと思うんです」
という答えを返してくれました。
[br num="1"]

この「ないよりはあったほうがいい」というのは、
けっこう多くの人が口にする言葉だったりします。

たしかに、画像は「ない」よりは「ある」ほうが
コンテンツの質としても高い感じがするし、
顧客からの印象もいくらかプラスにはなるでしょう。

ただ、それが強力なインパクトになるかというとそうでもなく、
顧客が求めているものとは直接の関係があるわけではありません。

これが、とても重要で売上にも大きく影響を与えるものだったら、
「絶対にあったほうがいい」「あれば売上が大きく伸びる」
という言葉になるはずです。

つまり、「ないよりはあったほうがいい」というのは、言い換えると
「あったらあったで、ないよりはマシ」ということにもなり得るのです。
[br num="1"]

それで、それなりの人数でチームを組んでやっていたり、
大きな企業で人員が豊富にいるような状態ならいいんですが、
Mさんは一人で仕事をしている人です。

一人でできる作業には限りがありますので、
「ないよりはあったほうがいい」くらいの重要度のものに
貴重な時間を使っている余裕はないんですよね。

なので、それをそのまま伝えてみると、
「そうですよね… たしかに、「あったほうがいい」くらいなら
 別の重要なことを優先すべきですよね」
ということで、画像処理の優先度を下げることを決められました。
[br num="1"]

われわれ中小企業は、人・モノ・金・情報という経営資源が
大企業に比べて少なく、限られています。

そんな中、今まで以上の成果を出そうと思ったら、
少ない資源を重要なポイントに集中する、というのがセオリーです。

今やっている仕事を見つめ直したとき、
「やらないよりはやっておいたほうがいい」
という仕事は、実は優先度が低いかもしれません。

本当にそれが必要かどうか、あらためて考え直して、
重要度が高くないのなら、最低限の時間でやっておいて、
もっと重要な業務に集中するようにしましょう。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「ないよりはあったほうがいい」=「ないよりはマシ」

Pocket

-ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社