人材育成 コーチング ビジネス

アタマの固い人の対処法

Pocket

よく、「ウチの上司はアタマが固くてさ」という言葉を聞きます。

たしかに、アタマの固い人というのはいて、
なかなか自分の考えを曲げなかったり、固定化された価値観で考えるので
おつきあいしにくい、という人は多いでしょう。

まして、上司と部下の関係だと、なおさらですよね。
[br num="1"]

こういう人には、どうやって対処すればいいのでしょうか?
[br num="1"]

よくある対処としては、「うまく言いくるめる」とか
「仕方ないので無視する」、「その人の言うとおりにする」
などが考えられますが、
どれを選んでも、どこかにしこりが残りますよね。

そこで、コーチング的な対処法をご紹介してみようと思います。
[br num="1"]

コーチングをしていると、アタマの固い人もいらっしゃいます。
「ああ、こうすればうまくいくのになぁ」と思っても、
頑としてそれを受け入れない。

客観的に見ると、明らかに違う方向に行っているのに、
考えを曲げようとしないんです。
[br num="1"]

ですが、コーチは上司でも部下でもありません。
クライアントに対する強制力は一切ありませんから、
無理やり言うことを聞かせることもできません。

では、どう対処するのかというと、
[br num="1"]

【相手の言うことを、全部そのまま受け入れてしまう】
のです。
その上で、突き詰めて話を聴き続けます。
[br num="1"]

以前、オランダのプロコーチで、Connieさんという方が
コーチングを見せてくれたことがあります。

Connieはアンソニー・ロビンズの公認エリートコーチといって、
とにかくすっごいコーチだったんですが、
彼女の対応が、まさに【そのまま受け入れる】でした。
[br num="1"]

ある父親が、「息子が言うことを聞かない」と言っていたのに対し、
「そう、じゃ、どうすれば言うことを聞くかしら?」と質問。

父親は「私が成功したという結果を見せつければ、言うことを聞く」
と言いました。

周りで見ていた誰もが、「いやいや、そうじゃないだろ」と思いましたが、
Connieは構わず、
「そうなのね。わかったわ。じゃ、どこまで成功すればいいの?」
という質問を返します。
[br num="1"]

父親は、じっと考えると、
「億万長者になる? それでもダメだな。日本一の金持ちとかかな?」
と、自問自答をはじめました。

Connieはそのまま、ニコニコと笑いながら見守っています。

やがて父親は、
「私がどこまで成功しても、言うことは聞かないですね(笑)」
「そもそも、言うことを聞かせようというのが間違ってました」
と、さっきまでの意見をあっさりと覆してしまったんです。
[br num="1"]

人は、「あなたが間違っているよ」と指摘されると、
自分を否定されたような気になって、「いや、間違ってない」と抵抗します。

どれだけ理屈が通っていても、「間違ってる」とは言われたくないもの。
そうなると、どんな正論も受け付けません。
これは感情の問題です。
[br num="1"]

ところが、「そうなんですね」と受け入れられてしまうと、
抵抗する理由がなくなってしまいます。

さらに、矛盾点について、追求するでもなく質問されて、
自分で突き詰めて考えると、多くの場合、
自分で自分の矛盾点や不合理に気がついてしまうのです。

そうなると、こちらが指摘するまでもなく、
自分で「この考えは違っていた」と、考えを改めてしまう。
[br num="1"]

これをやるには、コーチの側に圧倒的な柔軟性が必要です。

少しでも「アンタが間違ってる」という気持ちがあると、
相手はそれを敏感に感じ取り、抵抗しますから、

本当に「私とは違う意見だけど、この人はそう考えるんだ」と
思った上で質問しなければいけないのです。
[br num="1"]

私もConnieのコーチングを見て、自分のアタマの固さに気づき
相手を認め、受け入れることを覚えました。

柔軟性は影響力、と言う人がいます。
頭の固い人には、こちらの柔軟性で影響を与えていく。
こうすると、お互いの最適解にたどり着くことができるんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

「なるほど、そうなんですね」と受け止めよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社