人材育成 コーチング ビジネス

仕事を任せられない人の特徴

Pocket

私の専門は、コーチングや心理学です。
なので、部下育成の相談や研修も多いです。

いろいろなご相談に乗っている中で、意外と多いのが
「部下に仕事を任せられない」というものです。
[br num="1"]

これは、職人肌や創業者の社長さん、新任の管理職などに多いです。
本当は、部下を持ったらどんどん仕事を任せなければいけないんですが、
それがなかなか進まず、仕事を抱え込んでしまう。

そんな上司のみなさんが、口を揃えて言う言葉があります。
[br num="1"]

「自分でやったほうが早いんです」
[br num="1"]

期限が決まっている仕事などでは、その期限を守るために
最速でできる方法でやる必要がある。
で、その部署なり会社なりの中で、一番仕事ができるのは
大体の場合社長や上司ですから、社長自らやったほうが速いわけです。

部下に指示を出したり、ミスを修正したり、それを見守ったりしている
時間がもったいない、自分がさっさとやってしまいたい、

これが、仕事を任せられない上司の心理です。
[br num="1"]

では、どうすればいいのか。

全部自分でやったほうが早くて、自分でやるんだったら、
部下も社員もいりません。
ひとりビジネスをしている方が、コストもかからないし気楽です。

そうではなく、やはり部下や社員に仕事を任せていったほうが
会社も発展するし、社長も余裕を持つことができます。

「仕事を任せる」ということを覚えたほうがいい、というのは
皆さん頭ではわかってるんですよね。
[br num="1"]

ここで考えてみたいのが、
「自分でやったほうが早い」の裏にある心理です。

実は、この言葉の裏には、幾つかの心理パターンが潜んでいます。

1つは、「ミスをするのが怖い」という恐怖心です。

自分でやれば早く確実にできる。だから問題ない。
だけど、部下に任せたら、納期に遅れるかもしれない。
仕事の質が悪くて、クレームになるかもしれない。

部下に任せたがために失敗してしまうのが怖くて
なかなか人に任せられない、という心理です。

これは対処法としては、「想定されるミスに事前対応しておく」とか
「納期に余裕を持たせる」とかの方法がありますが、

それ以前に「ミスの責任を引き受ける」という強いメンタルが
必要になってきます。
(3月号のCD講座では、責任を持つリーダーシップについてお伝えしました)
[br num="1"]

そして、もう1つは、「自分のほうができる」という重要感です。

人は、自分が優秀で、認められるような存在でありたいという
根源的な欲求があります。

なので、「自分が一番仕事ができる」とか
「この仕事は自分がいちばんわかっている」などの自尊心を感じたくて
「こういう重要な仕事は人には任せられない」と
上司が仕事を抱え込んでしまうというものです。

こうなると、部下は面白くありません。
重要で楽しい仕事は上司が持っていってしまうわけですから。

こちらの対処法は、
「重要な仕事ができる部下を育てた自分」をすごいと認めたり、
「もっと重要な仕事を見つけてくる」という方法がありますが、

それ以前に、「自分が一番でないと自信が持てない」という
根本的な自信のなさを改善するほうが重要になります。
[br num="1"]

どちらにしても、仕事を任せて、失敗させて、リカバリーさせて、
それを経験として人を育てるのが、上司の一番の仕事。
自分を超える人材がどんどん出てくる上司でありたいですね。

(ちなみに、コンサルタントも「成功してもらう」のが仕事なので
 自分の稼ぎではなく、クライアントの成長が一番の力の証明です)
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント 

自分以上の優秀な人材を育てよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社