コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

売れている人と同じことをするべきか?

Pocket

あるイラストレーターのSさんから、相談を受けました。

「今、私は売れるためにいろいろな作風を取り入れて
 売れている人と似た絵を描いてるんです。

 それで、そこそこ売れるようになったんですけど、
 毎回違う絵柄で描くので、すごく時間がかかってしまって…

 もう少し、自分の絵柄で描いたほうがいいんでしょうか?」
[br num="1"]

自分の絵柄で勝負するか、売れてる絵柄のタッチで描くか、
どちらにしようか迷っている、ということだったんですが、
これは多くの人が似たような問題を抱えていたりします。

特にクリエイターの方は、そういうところで悩みますし、
私もセミナーや研修では、上手い人の話し方を真似たりします。

売れている人の真似をするか、自分の絵柄で勝負するか。
[br num="1"]

この答えは正解がないことではありますが、
私のボイストレーニングの先生が、いいことを教えてくれました。
[br num="1"]

「中城さん、歌うときモノマネはしないでいいですよ。
 中城さんの歌い方でやってください。
 コピーじゃなくて、カバーしてほしいんですよ」

「コピーだったら、オリジナルを聴けばいいじゃないですか。
 同じ曲を違う歌い方でカバーするから、
 違った音楽になっていいんですよ」
[br num="1"]

まさにこれだと思います。
上手い人の絵を真似るなら、もともと上手い人の絵を買えばいい。
わざわざコピーを買う必要はありません。

絵のようなクリエイティブな作品には、個性がにじみ出てきます。
その「個性」を表現するのが、絵や音楽だと思うのです。
[br num="1"]

もちろん、上手な人のやり方から学ぶことはたくさんあります。
上手な技法を真似して取り入れて、自分のものにするのもいいでしょう。

ただ、それは個性を表現するための「技法」であって、
最終的に描くべき作品は、やはり自分自身のものを表現すべきです。

なにより、せっかく好きな絵を描いているのに、
自分の絵を描いていないのでは、何のためにやってるのかわかりません。
[br num="1"]

これは、私のようなコーチ・講師職でも同じで、
やはりセミナーで最後にお伝えするのは小手先のテクニックではなく、
自分の中心にある大切なメッセージであるべきですし、

皆さんのような経営者でも、いろいろなことを学ぶのはいいことですが、
最終的に経営を通して実現すべきなのは
経営者のビジョンやミッションでなければ、会社をやる意味がありません。
[br num="1"]

自分をそのまま表現するのは、少し怖いです。
まったく受け入れてもらえないかもしれない。

売れている人のやり方を真似すれば、それなりに売れるかもしれない。
だから、そっちを選択したくなるのもわかります。

ですが、勇気を持って自分を表に出すと、「それがいい」と思ってくれる
ファンが現れ、長く応援してくれるようになります。

そのままの私たちを気に入ってくれる人に
そのままの私たちができる最大の仕事でお応えする。

この関係性だと、自分も楽ですし、相手にも大きな価値を与えられます。
結果、マネをしているときより、充実した毎日を過ごせるんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分の個性を表現しよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社