コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

東京で二番目においしいカレーつけ麺

Pocket

オフィスの近くに、つけ麺やさんがあります。
ここは、カレーつけ麺という変わったメニューがあるので、
ちょっと行ってみたんですね。

そうしたら、入り口に、
「東京で二番目においしいカレーつけ麺、あります」
と書いてあるんです。

・・・

正直、「ビミョー」じゃないですか?

二番目って。
しかも、日本ではなく、東京でって。
カレーつけ麺というニッチのジャンルで、二番目って。

なんとなく、ここに自信のなさが透けて見えてきませんか?

「一番」と言い切らないのは、
「うちよりおいしい店があるかもしれないから、
突っ込まれないように二番目にしておこう」
という考えがあるように見えてしまいます。

実は、こういう人は、けっこう多いです。
「うちが一番です」と言い切らない。
言い切らないから、相手にぜんぜん伝わらない。
自信のなさだけが伝わってしまうんです。

そんなことをするくらいなら、自分はここでなら
確実に一番になれるというところを見つけて、
そこで「一番です」と宣言する。

または、
「一番の味を出します。うちよりおいしい店があったら教えてください。
その味を研究して、さらにおいしいものを出します」
くらいのことは言ってほしいものです。

大切なのは、逃げ道を作らないこと。
「一番になるんだ」という覚悟を示すことです。

そうでないと、食べにきたお客さんに申し訳ないじゃないですか。

★やる気のある人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分の逃げ道をなくそう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社