コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

決して消えることのない社長の不安は、どうすればコントロールできるのか?

Pocket

社長をやっていると、常に「不安」がつきまといます。

お客さんが減るかもしれない
社員が辞めてしまうかもしれない
取引先が倒産するかもしれない
SNSで自社のブログが炎上するかもしれない

などなど。

寝ても覚めても、仕事中もプライベートも、
なんだか落ち着かない不安と付き合っていかないといけません。
[br num="1"]

なぜ社長が不安になるかというと、
経営には何一つ「確実」というものがないから。

確実でないわけだから、将来どうなるかと、不安になるのは
おかしいことではないし、当然のことです。
[br num="1"]

「これが正解」と示してもらえる、学校のテストなら、
それを覚えておけば間違いないですが、
経営には正解がないので、「これさえ知っていれば安心」がなく、

しかも自分の選択が良かったのか悪かったのか、
すぐにはわからないのですから、
なかなか安心できないんですよね。
[br num="1"]

自分の外側の世界には、確実なものは一つもありません。
そして、その不確実な現実を見ていると、そちらに意識が向かうので
どんどん不安が加速していきます。

ただ一つ確実なのは、「自分」だけ。
これが、「経営者は孤独だ」と言われる所以でしょう。

己こそ己の寄る辺、という言葉がありましたが、
社長は自分だけを頼りに頑張っているわけです。
[br num="1"]

だけど、自分を拠り所にして経営をしていくには、
よほど強くてぶれない「自分の中心」を持たないといけません。

自分があちこち目移りしたり、いろいろな状況に振り回されたり、
他人の声を気にしすぎていると、
唯一確実であったはずの「自分」が不確実になってしまい、
不安がさらに加速してしまうから。

いわゆる「自分軸」をきちんと持ち、何を大切にして、何を手放すか、
会社はどこを目指すのか、自社のコアは何か、
創業のときの思いはどこに向いていたのかなど、
ブレない自分を作らなければいけません。
[br num="1"]

コーチングは、そういう「大切なこと」を言葉にして
社長が真っ直ぐに思いを実現できるように支援します。

まずは、不安なときでも「会社をどこに向けて進めるのか」を明確にして
そちらに意識を向けることから始めてみましょう。

不安よりも強い志があれば、前に進むことができます。

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社