人材育成×コーチング コーチング ビジネス

社員との面談ができない人のための、簡単な面談術

以前、経営者の勉強会に参加したところ、
同じグループになった人が、こんなことを言っていました。

「社員と個人面談をしないといけないんですけどね、
 わかってはいるんですが、なかなかできないんですよね・・・」
 

私は仕事そのものが相手との面談ですので、日頃から面談していますが、
この社長さんの言うこともよくわかります。

経営者ともなれば、やらなければいけないことは山積みだし、
やりたいこともたくさんあるしで、社員のために面談の時間を割くのは
なかなか時間のやりくりが難しいですし、

また、面談と言っても何を話していいかわからないし、
何を言われるかもわからないし、
面談中に気まずくなったらどうしようなんて思うこともあるでしょう。

社員から耳の痛いことを言われるのが嫌だなんて人もいるかも知れません。
 

ですが、社員との個別面談というのは、やはり効果がありますし、
社長としても社員の生の声が聞けるというのは重要なことでもあります。

我々中小企業は、現場の状況にすばやく対応できるのが強みですから、
現場の声は常に気にかける必要がありますよね。
 

というわけで、個別面談をどうすればいいのか。
今日は1つ、面談で使えるスキルをお伝えします。
 

といっても、とても簡単です。
・最初に、社員の興味のあることを聞く
 「最近、どんなことに興味がある?」「気になっていることはある?」
・社員が話しだしたら、あいづちを打ちながら、ずっと聞く
 「うんうん」「それで?」「おもしろいね!」など
・悩みなら10分くらいでだいたい解消する。
 好きな話は20分も話せば満足する。
・最後に励まして終わり
 

まあ、言ってしまえば、「黙って話を聞く」という、
身も蓋もない話なんですが(笑)、これがとても効果的です。

下手にアドバイスしたり諭したり教えたりするより、
ずっと社員の満足度が高く、やる気が出て、こちらに心をひらいてくれます。
しかも、10〜20分で終わりますから、あまり時間も取りません。

この「黙って聞いている」というのは、
こちらが答えを考えなくてもいいし、話さなくてもいいし、
そのくせこちらが説教するよりずっと満足度が高いので、
とてもオススメです。
 

まあ、途中で「それはね、、、」と口を挟みたくなるのを
ぐっとこらえるのが難しいんですけどね。

けど、効果は抜群ですから、ぜひ試してみてください。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員の話を、10分間黙って聞いてみよう

-人材育成×コーチング, コーチング, ビジネス

© 2023 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社