人材育成 ビジネス

経営理念は、なぜ社員に浸透しないのか

Pocket

経営者にもいろいろなタイプの人がいて、それぞれに問題を抱えていますが、
よく聞く悩みが「経営理念が社員に浸透しない」というもの。

社長の思いを言葉にした「経営理念」。
よく、朝礼で唱和したり、職場に掲示しておいたりと
社員に何度も理念を伝えているのに、

社員はそれを覚えてすらいない、ということがよく起こります。
[br num="1"]

経営理念というのは、企業にとってとても重要なものなのですが、
なぜ社員は、それを覚えようとしてくれないんでしょうか?
[br num="1"]

この問について考えるとき、まず大前提として、
「社員は、理念のために仕事なんてしていない」
というのがあります。

社員に限りませんが、人は基本的に「自分のために」行動するんです。
ですから、たとえ社長でも、他人の思いを実現しようなんて
そうそう考えてはくれない、というのが大前提です。

もちろん、社長の人間的魅力が社員を惹きつけて
「この社長のために頑張りたい!」と思わせれば別ですが、
そんなカリスマ社長は、なかなか存在しない。

ですから、ほとんどの社員は、「自分のために」働いています。
[br num="1"]

でも、それでは企業としての組織力が出せませんし、
理念がなくて給料のために働いている社員は、すぐに辞めてしまう。

一つの経営理念のもとに社員が同じ方向を向いて
協力してこそ、大きな力が出せるというのは間違いありません。
[br num="1"]

では、どうすれば、「自分のために」仕事している社員に
経営理念を浸透させることができるのでしょうか。
[br num="1"]

その答えは、「理念を、社員にとっての自分ごとにする」こと。
[br num="1"]

社長がいいと思っている理念を、社員もいいと思えば
「自分がいいと思うことのために」理念を共有できます。

この「社員がいいと思う」というのが重要です。

朝礼で唱和したって、「いいと思う」ことはありません。
社員手帳に書いてあったって「いいと思う」わけではありません。
職場に掲示しても、「いいと思う」理由にはなりません。

朝礼やら職場に貼るやら、そういうのは、
ただ「言葉」を覚えさせようとする「作業」にすぎない。

そうではなく、その裏にある「意義」や「感情」「ビジョン」を
社員に伝えた上で、そこに魅力を感じてもらうこと。
これが必要になってくるんです。
[br num="1"]

ですから、まず第一に、経営者が理念に情熱を持っていなければいけない。
どこかから借りてきたような、教科書みたいな文言ではなく、
この理念について1時間語り続けられるくらいでなければいけません。

そして、その情熱を、適切に伝える。
「君たちにとっても、この方向を目指すといいことがあるよ」
「一緒に、この素晴らしい方針を実現しよう」
「こういうビジョンのために、君たちの力を借りたい」
というような、社員と一緒に進んでいくという伝え方をするのです。
[br num="1"]

こうすると、全員ではありませんが、共感してくれる社員が出てきます。
理念・理想に共感する、つまり「自分のもの」になるのです。

こうなれば、理念は感情を伴って、浸透していきます。
朝礼でいちいち言わせなくても、その方針に従って行動します。
なぜなら、本人がそうしたいと思っているからです。

感情を伴ってしまえば、人は自発的に行動できる。
だから、まずは社長が理念に感情を伴わせることが最初の一歩なのです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

感情を伴った経営理念を作り、感情を伴って伝えよう

Pocket

-人材育成, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社