人材育成×コーチング 能力開発×コーチング コーチング ビジネス

言い訳ばかりする社員に最初にすべきこととは

社員の育成というのは、どこの会社でも課題になっています。
そんな中、ある社長さんからこんな相談を受けました。

「あまり仕事ができなくて、その上ミスを認めないやつがいるんですよ。
 クレームがあっても、自分の非を認めないで、お客さんのせいにするんです。
 こういう社員は、どうしたらいいんですかね?」
 

仕事をする上で、とても重要な要素が『素直さ』です。

ミスをミスとして、素直に認めて反省する。
人からの指摘を素直に受け入れて改善する。

こういう姿勢がないと、人は成長しませんから、
能力の高さ以上に『素直さ』を重視する経営者も多いです。
 

ですが、この『素直さ』のない社員も多いのが現実です。
ミスをしても、それを認めないで言い訳をする。
指摘をしても、受け入れられずに他人のせいにする。

こういう社員は、どうすればいいのでしょうか?
 

この相談をお受けしたとき、直感的にですが、
その社員の気持がわかったような気がしました。
そして、これは多くの人に共通の、素直になれない心理的パターンなのです。

そのパターンとは、
「ミスを認めてしまうと、自分の存在価値がなくなると思っている」
ということです。
 

われわれ人間は、「自分の存在価値」というものをとても重要視します。
「私には存在価値がない」というのは、最も怖いことなのです。
だから、極力それを感じないようにしています。

普通は、仕事上でミスをしたぐらいでは、
その社員の存在価値まで否定されることはありませんが、

あまり人から認められないで育ってきた人にとっては、
ミス一つが、自分の存在価値を脅かすものになってしまうんです。

自分の存在価値が否定されるのは、耐えられない恐怖です。
だから、「私はミスなんてしていない。だから存在価値がある」
と思いたくて、ミスを認められないのです。
 

こういう社員に対しては、少し扱いが難しいのですが、
コーチングの視点からいうと、
「その社員の存在価値を普段から認めて、自己価値観を育てる」
という対処が有効です。

「あなたは重要な存在だよ」「私達の仲間だと思っているよ」
「あなたは会社に必要な人だよ」
というメッセージを、常日頃から伝えていくことです。

しかも、この承認が「無条件」であることがポイントです。

「あなたは仕事ができるから必要だよ」というメッセージでは、
仕事ができなくなった途端に、存在価値が否定されます。

ですから、「仕事ができようができなかろうが、重要な存在だ」
というメッセージを、言葉や態度で伝えていくのが重要です。
 

これは一朝一夕にできることではありませんし、
自己評価の低い人は、そのメッセージを受け入れてくれなかったりして
ちょっと難易度が高いのですが、

大切な社員さんであれば、そういうメンタルも育ててあげることで
より前向きに取り組んでくれるようになりますよ。
 

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

社員の自己肯定感を育てよう

-人材育成×コーチング, 能力開発×コーチング, コーチング, ビジネス

© 2022 眠っている能力を目覚めさせて、望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社