人材育成 コーチング ビジネス

部下の指導では、何を教えるべきか

Pocket

人を育てるというのは、とても難しいものです。
こちらが伝えていることも、違う意図で理解したり、
まったく理解してくれなかったりします。

そんな中で、人材育成をするために、
「育てる側」が気をつけるべきことがあります。
[br num="1"]

それは、
【答えより、答えの出し方を教える】ということです。
[br num="1"]

よく言われる例え話に、
「お腹をすかせている相手に魚を与えることは簡単だが、
 その人はまたすぐに腹をすかせて困ってしまう。
 魚の釣り方を教えれば、その人はその後も自分で魚を釣って
 自分で腹を満たすことができるようになる」
というものがあります。

たとえば営業トークにしても、
「こう言われたらこう切り返せ」とか
「相手がこういう反応をしたらクロージングしろ」とか
具体的すぎる指導をすると、部下は自力で考える力がつきません。

もちろん、全く経験がなくて、考える材料がない人の場合は
最低限の知識として基本のマニュアルを渡すことはありますが、

逆に、最低限の知識がある人なら、答えそのものを教えるのではなく、
答えの出し方を教えてあげないと、それ以上の成長がありません。
[br num="1"]

では、どうやって「答えの出し方」を教えるのかというと、
【その答えの、理由を伝える】ことです。

「予算がないと言われたら、予算以外の断る理由を聞け」
というテクニックが仮にあったとして、
理由を教えないと、言われたことしかできませんが、

「予算がないと言う人は、本当に予算がない人と、
 予算がないことを口実にしている人がいるから、
 それを見極めるために、予算以外の理由を聴いて、
 本音を引き出すことが重要なんだ」

というような理由を一緒に伝えると、部下は「予算がない」だけでなく
「上司がイエスと言わない」とか「時期が合わない」とか
そういう断り文句のときにも、同様の振る舞いができるようになります。
[br num="1"]

「理由」というのは、とても強い力を持ちます。
「なぜなら」を伝える力を上司が持つと、
部下の成長がぐっと早くなりますよ。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

理由を伝えて、考える力を育成しよう

Pocket

-人材育成, コーチング, ビジネス

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社