コーチング ビジネス 能力開発・自己革新

PDCAサイクルって、結局なんなの?

Pocket

よく、企業の研修やビジネスのセミナーなどで
「PDCAサイクルを回すんです!」と言われることがあります。

PDCAサイクルというのは、たしかにとても重要で、
うまくいっている人はだいたいこれを実践しているようですが、
これ、よくわかるようでよくわからなかったりします。

なので、よくわからないまま「PDCAですよ!」と
言っている人も多いです。
[br num="1"]

ちなみに、PDCAサイクルというのは、
P(Plan):計画を立てる
D(Do):実行する
C(Check):評価する
A(Action):行動する
の4つのステップを順に実践することで、
仕事の質を高めていきましょう、というやつなんです。

なので、「計画を立てて、実行し、それを評価する」
ということを確実にやっていきなさい、という
言われてみれば至極ごもっとものお話なんですよね。
[br num="1"]

ところで、私がこのPDCAサイクルを最初に学んだとき、
ある疑問が湧いてきました。

「Do(実行する)とAction(行動する)は、何が違うんだろ?」

長年、これが腑に落ちなかったので、PDCAサイクルは
あまり好きではなかったんですが、
コーチングを学んでそのプロセスを実行するうちに
わかってきたんです。
[br num="1"]

「PDCAサイクルのAは、”Action”ではない」ということが。
[br num="1"]

PDCAサイクルのキモは、計画をたてることやそれをやることではなく、
その結果を評価して、次の計画にフィードバックすることです。

最初の計画を立ててやってみたら、思っていたのと違った。
その違いを素早く確認して、計画を微調整する。計画を立て直す。

この「評価」「調整」が、業績を上げるポイントです。

なので、PDCAのAは、
A(Adjust):調整
のほうが、コーチング的にはしっくり来るんですよね。
[br num="1"]

まあ、こんなのは言葉遊びなので、どちらが正しいかを
議論するつもりもないし、最初にPDCAを提唱した人が
Actionと言っているようなので、それを尊重したいと思うんですが、

重要なのは、「やってみたことを振り返って、次に活かす」ことです。

私みたいな思いっきり未来志向の人は、
やったらやりっぱなしになることが多いです。

すると、スピードはどんどん速くなるんですが、
やったことが経験として活きにくく、ちょっともったいないです。

やはり、やったことは振り返って学び、次のステップの糧にする。
これが重要だと、自分に言い聞かせるようにしています。
[br num="1"]

というわけで、ちょうど2017年も終わりが近いですし、
明日から少しの間、1年を振り返って来年に活かすための
「振り返り」を、メルマガで一緒にやっていければとおもいます。

そんなに難しいことをやるつもりはありません。
ただ、メルマガを読みながら
「ああ、そういえば今年はこんなことがあったな」
「あのときの○○は、××しておけばよかったな」
「△△の経験は、今後に□□のように活かしていこう」
と、一年を総括していただければと。
[br num="1"]

私、メルマガは毎日、その日の気分で書いてますが(笑)、
明日からしばらくは、「振り返りシリーズ」でお届けしますので、
ぜひご活用ください。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

行動を振り返って、次からの行動に活用しよう

Pocket

-コーチング, ビジネス, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社